多年草

ルピナス

ルピナス

学名】Lupinus

【園芸分類】マメ科ルピナス属 (ハウチワマメ属)

【草丈】60~120cm

【特徴】別名、ノボリフジ。
株元から長く伸びるしっかりとした茎に、たくさんの花を総状花序に咲かせる。
開花は春から初夏にかけてで、花色は白、紫、ピンク、黄色、赤とさまざま。
寒さには強いが暑さに弱く、暖地では一年草扱いになる。
寒冷地では育てやすく、放任していてもよく殖える。

【ルピナスの育て方】日当たりと排水の良い、やや乾燥したところを好む。
酸性土壌を嫌うので、必要に応じて石灰で酸度調整をしておくと良い。
大型の多年草なので、植え付け時には広めのスペースの確保が必要。
群生させると見事な景観になる。

白い清楚な花

カラフルな花色のルピナス(百合が原公園で­撮影)

晩春から初夏にかけて咲く(ユニガーデンで­撮影)