[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >樹木–

ミヤママタタビ

ミヤママタタビ
ミヤママタタビ

【学名】Actinidia kolomikta

【植物分類】マタタビ科 マタタビ属

【園芸分類】つる性落葉樹

【特徴】木の幹や枝に絡み付いて、10m近く伸びる。
本州中部以北、北海道、サハリン、朝鮮半島等の深山に自生する。
ミヤママタタビは雌雄異株であり、雄花しかつけない雄株と両性花をつける雌株がある。
写真の株は雄株。
春に、1.5cmほどの小さな白花を下向きに多数咲かせる。
葉は卵形で互生する。
基部はハート形(心形)、ふちには細かい鋸歯がある。
開花に合わせて若い枝先の葉が、緑から白に、後に白から鮮やかなピンク色へと変わる。
遠目には、花が咲いているようで美しい。
果実は長楕円形で長さ2cm。
夏の終わりから秋にかけ黄緑色に熟し、食用となる。
マタタビは猫が好むのに反し、本種は特に猫に好まれない。

【ミヤママタタビの育て方】日当たりから半日陰の水はけのよい場所で育てる。
あらかじめ腐葉土や完熟堆肥をすき込んでおくとよい。
植えつけて2年くらいは成長が遅いが、3年目あたりから旺盛に生育する。
かなり大きく伸びるので、植え付けの際は十分なスペースを確保しておくとよい。
パーゴラやフェンスの他、壁面などに誘引しても葉の美しさを生かせて面白い。
耐寒性、耐陰性のある丈夫な植物で、育てやすい。
ちなみに写真のミヤママタタビは、挿し木で殖やしたもの。
北側の半日陰に植えているが、放任でもよく育ち毎年美しい葉色を見せてくれている。

そのほかの写真

  • 白にピンクがほんのりと‥
  • 雌しべのない雄花
  • 徐々にピンクに染まる葉