[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

ツボサンゴ

ツボサンゴ
ツボサンゴ

【学名】Heuchera sanguinea

【園芸分類】ユキノシタ科 ツボサンゴ属

【草丈】20~50cm

【特徴】別名、ヒューケラ。
耐陰性、耐寒性に優れた常緑の多年草だが、寒冷地では地上部が枯れることが多い。
多くの品種があるが、いずれも葉が美しくカラープランツとして需要が高い。
株元近くに葉が茂り、細長く伸びる花茎に小花を鈴なりにつける。
花色は、赤、白、ピンクなどさまざまだが、正確にはこれは花ではなくガクらしい。
性質は強健で、栽培に手間はかからない。

【ツボサンゴの育て方】日陰に向くシェードガーデンの代表格。
反面、夏の強光や乾燥には弱く、直射日光で葉焼けしてしまうので植え場所に気をつける。
半日陰から日陰の水持ち、水はけのよい場所に植えるとよい。
植え付けの前にあらかじめ腐葉土や完熟堆肥をおくと、よく育つ。
寒冷地では冬越しの際、腐葉土等で株元をマルチングしておくと株が傷みにくい。

そのほかの写真

  • 鈴なりにつく、ヒューケラの花
  • シルバー・スクロールズ Silver Scrolls
  • エボニーアンドアイボリー Ebony and Ivory