[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

オカトラノオ

オカトラノオ
オカトラノオ

【学名】Lysimachia Clethroides

【園芸分類】サクラソウ科 オカトラノオ属

【草丈】50~80cm

【特徴】北海道から九州の、日当たりの良い草原に自生する。
直立する茎の先端に、20cm前後の総状花序を出し、白い小花をたくさん咲かせる。
蕾は球状で、花穂の先端部が下垂するが、満開時には直立する。開花は夏。葉は細長い楕円形で、互生する。
生育旺盛で、根茎を持ち群生する。
ナチュラルガーデン向きの野性味の強い植物で、和風、洋風どちらの庭にもよく似合う。

【オカトラノオの育て方】寒さに強いとても丈夫な宿根草で、放任でもよく育つ。
日なたから半日陰の湿り気のある場所を好む。
乾き過ぎないよう腐葉土などをすき込んで、水もちのよい土で育てるとよい。

そのほかの写真

  • 小花をたくさん咲かせる
  • 7月中旬、開花が始まる
  • 7月下旬、満開に‥