[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム > 花の図鑑 >多年草–

イングリッシュラベンダー

イングリッシュラベンダー
イングリッシュラベンダー

【学名】Lavandula angustifolia

【園芸分類】シソ科 ラベンダー属

【草丈】40~60cm

【特徴】常緑の耐寒性多年草。
多数の茎が叢生し、細長い葉を密につける。
花茎の先に紫色の小さな花をたくさん咲かせ、美しい花穂となる。
花色は紫の他に白、ピンクなど。開花期は7月中旬から下旬にかけて。
写真はイングリッシュラベンダー(アングスティフォリア)の仲間「おかむらさき」で、とても香りがよいタイプ。

【イングリッシュラベンダーの育て方】日当りと水はけの良い場所に植える。
寒さには強いが高温多湿に弱いので、風通しを良くして咲き終わった花は早めに摘み取る。
草姿を整え、株を弱らせないために、花後と秋の刈り込みは欠かせない。
秋の剪定は遅くても10月までに済ませておく。

そのほかの写真

  • イングリッシュラベンダーの美しい花穂
  • まとめて植えると存在感が増す
  • ラベンダーの蜜