[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム花の図鑑 > マイガーデン >晩夏の庭-01

晩夏の庭

クールカラーで

初夏に咲き誇っていた草花の中には、この頃になると傷み始めるものがあります。
写真右下の白い小花はマトリカリアですが、既に最盛期は過ぎたようです。
それでも、カンパニュラやゲラニウム、アゲラタムなどは元気に咲いています。
アサギリソウのシルバーリーフも草花を引き立てていますね。
紫、ピンク、白などのクールカラーでまとめた涼しげなボーダーは、結構お気に入りの色の組み合わせです。
四季があるからガーデニングって更に楽しいのかもしれませんね。

南側、ボーダー花壇

こちらは反対側から見た花壇の様子です。
この頃になると、ツルバラのアンジェラも一休みです。
ボーダーにはアゲラタムなどの紫色の花に混じって、ホワイトバレリアンやハナダイコンなどの白い花が美しく咲きました。
華やかさには欠けるこの時期の庭ですが、落ち着いた雰囲気のシックな庭と言えば‥そう言えるかも‥?

イングリッシュラベンダー

これは北海道のラベンダー、オカムラサキです。
香りがよく、色もご覧の通りの鮮やかな青紫。
日当たりのよい一等地に群植しています。
道外からいらした方に「北海道だと、植物の色合いが綺麗に出る。」とよく言われます。
何故なのか理由は知りませんが、何人もの方から同じようなことを言われるので、きっとそうなのでしょう。
鮮やかな色のラベンダー、夏の庭を支えてくれる頼もしい宿根草です。

次へ