[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム花の図鑑 > マイガーデン >初夏の庭-01

初夏の庭

満開のノイバラ

我が家のガーデニングで初夏といえば、一番に思い浮かぶのがこのノイバラ。
6月下旬、見事に花開きました。スッキリポールという、家庭用の電柱のようなものに誘引しています。
庭の雰囲気には合わないスッキリポール。
ノイバラが茂ると、ポールが上手い具合に隠れてそれこそスッキリ。
見せたくないものを隠す工夫は、ガーデニングでも大切なことかもしれませんね。

南側ボーダー花壇

ガーデニング真っ盛りの7月上旬、鉢植えのバラが咲き始め、ボーダー花壇の宿根草も花盛りです。
ペンステモンとコモンセージの紫、アストランチアのピンク、マトリカリアとジギタリスの白。
ボーダー花壇には少々狭いスペースですが、それでも草花は頑張ってくれています。
みんな、今年も花を咲かせてくれてありがとう。

南側、ダブルボーダー

さあ、庭の中に入ってみましょう。
バラはまだ蕾のものが多いですが、ラベンダーは花穂が伸びてきましたね。
スモークツリーの銅葉がなかなかいい感じです。
左奥の斑入りイワミツバは、少し茂り過ぎてしまいました。
奥行きを感じさせるには、もう少し葉を整理した方がよさそうです。
木も草花もあっという間に成長し、思い描いていた形をキープするのは至難の業です。
美しい庭を保つには、時間、体力、そしてガーデニングへの情熱が欠かせないと言うことでしょうか。

次へ