[ガーデニングの花咲かおまさ]

ホーム花の図鑑 > マイガーデン >秋の庭-01

秋の庭

ペニセタム・ルブラ

秋の庭です。
夏の庭ようなにぎやかさには欠けますが、秋ならではの紅葉や美しい花々が見られます。
グラス類には、魅力的なものが多いですね。
シャープな葉の形とふわっとした穂のバランスが絶妙で、それに何しろ丈夫で育てやすい。
ガーデニングには欠かせないアイテムです。
写真のペニセタムは、残念ながら耐寒性が今ひとつで冬越しに手がかかりますが‥。
我が家の庭には、他にリボングラス、斑入りクサヨシ、フェスツッカ・グラウカがあります。
葉の形だけじゃなく葉色や質感もさまざまで、他の植物と上手に組み合わせれば庭のグレードアップ間違いなしの優れものです。 ただ‥おまさの場合は、この上手な組み合わせが思うようにできない。
未だに「あ~でもない、こ~でもない」と、腕組みをして庭をウロウロする日が続いているのでした。

ユーフォルビア・キパリッシアス

そして、驚きの美しい紅葉です。
今まで紅葉は、落葉樹の専売特許のように思っていました。
でも、ガーデニングにも栄える、こんなに綺麗な紅葉をする草花があったんですね。
広い日当たりのよい場所に、いっぱい群植させてみたい‥。
春には美しい緑の葉、初夏には黄色いお洒落な花、そして秋にはこの素晴らしい紅葉。
それぞれの季節に見せる違った表情が、おまさのハートをわしづかみです。
庭に是非植えたいお勧めの宿根草です。

カエデ、燃える

カエデの紅葉はさらに見事です。
後ろに見えているのは、アカエゾマツ。
深い緑の葉が、鮮やかな赤く染まった葉を際立たせています。
常緑樹の存在感は、夏よりも秋や冬に増します。
ナチュラルで繊細な庭を目指していたので、株立ちの落葉樹ばかりに惹かれていましたが、このどっしりとした常緑樹あってこその落葉樹。
秋のアカエゾマツとカエデを見て、引き立てあう植栽の大切さをつくづくと感じたのでした。

次へ