ホーム >

花咲か日記

2018年6月19日

おまさの庭めぐり


曇り空 霧雨 強風 濡れたアスファルト

肌寒い ぐずぐず天気がしばらく続いていましたが
今日になって急にスイッチが切りかわった感じです

蒸し暑い‥

最高気温は20℃に届かなかったというのに
湿度のせいでしょうか


そのおかげなのか たまたまそういう時期だったのか

待ちわびていたエゾシロチョウが 今シーズン初めて庭にやって来ました


エゾシロチョウ と アムソニア
P6180163.JPG

モンシロチョウよりもひと回り大きくて
薄い半透明の羽がとても美しいエゾシロチョウ

ひらひらと舞う姿がなんとも優雅で
毎年楽しみにしているんです



アルケミラモリスやゲラニウム(ケンブリッジ)は 今が満開

P6180041.JPG


ハマナスの仲間 ホワイト グルーテンドルストも
花を咲かせ始めました

ホワイト グルーテンドルスト
P6180105.JPG


ノイバラは二分咲きといったところでしょうか

ノイバラ (ムルチフローラ)
P6190195.JPG


開花前のバラも 蕾が膨らんできましたよ

こちらはオールドローズの スブニール ド ラ マルメゾン

写真を撮ったら 背景がなんだか絵画のようで不思議‥
絵筆の跡が見えるような気がしません?

時々同じようなことがあって
画家さんには こんなふうに見えているのかなぁ

なんて思ったりして‥


スブニール ド ラ マルメゾン
P6190184.JPG


さて こちらはヒメカメノコテントウ

ナナホシテントウに比べると ひと回り小さいんだけど
これでも ちゃんとしたテントウムシで
アブラムシをムシャムシャ食べてくれるらしいんです

頼もしいですね

ヒメカメノコテントウ
P6180121.JPG

実はこの子 見ようによっては
笑っている人の顔に見えるんですよ

うーんとトリミングしてみますね

ほらね

P6180121-001.JPG

ディアボロには花

アメリカテマリシモツケ(ディアボロ)
P6180034.JPG

ギンセンソウには種

ギンセンソウ ( 別名  ルナリア  /  ゴウダソウ )
P6190185.JPG


斑入りエゾノコンギクの葉には 鮮やかな斑

こんなに葉がピンク色になったのは初めてです
気温が低いせいでしょうか

斑入りエゾノコンギク  キク科 シオン属
P6180057.JPG


見頃にはまだ少し早い庭ですが
それでも見学にいらしてくださる方は 皆さんとてもやさしくて

いつもブログを見ています

ようやく おまささんの庭に来れました

風邪 もう大丈夫ですか?

さわらちゃんは元気?


温かなみなさんの言葉に

あ~ オープンガーデンをやっていて良かったなぁ
としみじみ


さあ 明日もがんばるぞ!



おまけ


P4160106.JPG
あたしも うれしいです ( ジーン )




2018年6月16日

ぱらぱらと


布団を肌掛布団に替えたのが先月の終わりで
片づけた掛布団を引っ張り出してきたのが 10日ほど前のこと

季節外れの寒さで バラの開花も足踏み状態でしたが
ようやく昨日あたりから少し暖かくなってきて
ぱらぱらと咲き始めました


スタンウェル パーペチュアル
P6150105.JPG

アーチのバラ(アンジェラ)は まだ咲いてはいませんが
蕾のいくつかは 今にも開きそう 

P6150157.JPG

アムソニア
P6150084.JPG

ラベンダーの蕾も少しずつ色づいてきました
後ろに見えているピンク色の花は ゲラニウム(ケンブリッジ)です

P6150176.JPG

ラプソディー イン ブルー
P6150178.JPG

ラベンダー ・ アルケミラモリス
P6150086.JPG

庭の奥から逆方向を見たところです

P6150090.JPG

ヤマブキショウマ
P6150065.JPG

ロサ グラウカ
P6150118.JPG

エリンジューム (アルピナム)
P6150077-001.JPG

オープンガーデン期間中は庭を開放しています

入口にclosed の看板がない限り出入り自由ですので お気軽にどうぞ
(大雨のときや その直後はお休みすることがあります)

必要なときはチャイムを押してくださいね

連絡がいる場合はこちらにお願いします
masako3479@yahoo.co.jp


さてと 今日はランブラーのシュートでもカットするかな

皆様にとって 今日がいい1日になりますように!



あっ 蝶々だ!

P6150161.JPG



おまけ

P6150162.JPG
ホントだ




2018年6月14日

ヒナギク


芝に混じった白とピンクの花は ヒナギク

ヨーロッパ原産のキク科の多年草です

暑さに弱く 日本では秋まきの1年草として扱われることが多いようですが
北海道では ちゃんとした多年草

毎年 かわいい花を咲かせてくれます

P6130050.JPG

花色は様々ですが
野生種は一重咲きの白花で
ピンクや赤、白の八重咲きのものは園芸品種なんだそうです

P6130043-001.JPG

ヒナギクを見るたび
夫のことを思い出します


毎年 芝の中に きれいな花が咲くんやけど
あれは何ていう花なんやろ

小さくて 白やピンクの花が
びっしり咲いてるんや


P6130004-001.JPG

あのときはちゃんと答えられなかったけど

今年もヒナギク きれいに咲いたよ




2018年6月13日

寒気と雨と


季節外れの寒さに見舞われた北海道
今日は我慢できず ストーブに火をつけました

6月中旬になっての暖房は 私の記憶にある限りでは初めてです

西日本は真夏日 関東では雹 北海道では雪
なんだか 落ち着かないお天気ですね



昨日から降り続いていた冷たい雨が 夕方になってようやくあがりました

庭木も草花も 雨の重みですっかりうなだれてしまいました


P6130036.JPG


ナツツバキ
P6080053.JPG

ラプソディー イン ブルー
P6130042.JPG

エリンジューム アルピナム
P6130067.JPG

メギ ローズグロー (新芽)
P6130075.JPG


こちらは うなだれ組

スモークツリーの花

P6130053.JPG

アルケミラモリス
P6130048.JPG

そして ぼろぼろのペチュニア

P6130045.JPG

昨日今日と雨で庭の手入れができず
オープンガーデンをお休みしました

明日は庭仕事をがんばるぞぉ




おまけ

P6080003.JPG
あたしも がんばる‥ むにゃむにゃ




2018年6月11日

さわらの庭めぐり2018 外出禁止令解除


外出禁止令がとけて ようやく お庭に出られるようになりました

今日は あたしがお庭を案内します

さあ こちらにどうぞ

P6100203.JPG

この白い花は 風が吹くと雪みたいになります

「今晩の雨で散ってしまうかな」
って おまさが言っていました

ヒメウツギ
P6100174.JPG

くんくんくん
あまり匂いはしません

P6100208.JPG

こっちのピンク色の花は 庭で最初に咲いたバラだと
これまた おまさが うれしそうに言っていました

スタンウェル・パーペチュアル
P6100159.JPG

で これが二番目のバラだそうです

ラプソディー イン ブルー
P6110029.JPG

芝はチクチクするから あたしは あまり好きじゃありません

だから通るときは 全力で走り抜けます

でも 黄色い花やピンクの花に虫が飛んで来たときは
チクチクを我慢して そろ~り そろ~り 歩くんです

気づかれないように 細心の注意を払って

P6100059.JPG

アムソニア
P6100103.JPG

ゲラニウム(ケンブリッジ)
P6090057-001.JPG

今朝 雨の中 おまさがボッコを立てていました

あめたいさく(雨対策)とか言っていたけれど
あたしには何のことが よく分かりません

ちなみに 雨はすぐに止みました


P6110018.JPG
注) ボッコ 棒切れのこと



お姉さんはいつも薄着です

P6100107-001.JPG

最低気温が 今日で4日連続10℃を下回ったと
おまさが騒いでいます

確かに 毎日寒いです

暖かくして 風邪ひかないでくださいね




おまけ

P6110034.JPG
さわらー しっぽ 出てるよ~





2018年6月 8日

僕らはみんな生きている


いや~ 降りました
久しぶりのまとまった雨です

窓に打ちつける雨を眺めながら
今頃 子育て中のアカゲラはどうしているだろうと考えてしまいます




長都沼のキタキツネは
防風林の中で雨を凌いでいるでしょうか?

P6026696.JPG


P6067043.JPG


ノビタキはちゃんと虫を捕まえているでしょうか?

巣立ったヒナは
雨に打たれて弱っていないでしょうか?

P6066949.JPG


コヨシキリは  草むらで じっと雨の止むのを待っているのでしょうか?

P6066985.JPG


子育て中のアカゲラは お世辞にも美しいとは言えません

P6067234.JPG

美しかった羽は薄汚れ やつれ
かわいそうなくらいです

外敵からヒナを守り 虫をとり 餌を与え 糞の始末をし‥
息つく暇もないのです



だから 冷たい雨が降る日は
つい考えてしまうのです






おまけ

ものぐさ猫
P6080017.JPG
眩しい


P6080023.JPG
眩しい







2018年6月 7日

6月の庭


どんよりと曇った空
今にも雨が降りだしてきそうです

午前中はよく晴れていました

日差しのせいか 風がなかったせいか
外で動くとすぐに汗が噴き出しました

もう少し早く庭に出ればよかった‥


ヒメウツギ
P6040023-001.JPG

アイリス
P6070014.JPG

ヒューケラ アスチルベ
P6070058.JPG

アンジェラ
P6070067.JPG

スタンウェル パーペチュアル
P6060004.JPG


バラの蕾が膨らんできましたが
今開花しているのは ほんの一部

 見頃はもう少し先です

花数の少ない庭は ほとんどが緑のまま

それでも私はこの時期の庭が好きです

どの植物も 暑さによるダメージを受けていないし
間延びしたり 草姿が乱れてるものがありません

これからよくなる

6月の庭は 希望に満ちています


P6060014.JPG

P6040010.JPG

ハンギングのペチュニア ( ドレスアップ / ライム )に
ようやく蕾があがってきました

P6060007.JPG

こぼれ種のホルデュームも りっぱに育ちましたよ

P6070065.JPG

アメリカテマリシモツケ ( ディアボロ)
P6070029.JPG

明日は午後から雨の予報です

カラカラの庭にとっては恵みの雨となりそうですが
雨を境に一気に気温が下がるらしいので ここは要注意

風邪には気を付けましょうね

私だけには言われたくないか(笑)




おまけ

P6067245.JPG
今日は あ  つ  い  ‥




2018年6月 4日

さわらの庭めぐり2018 殺虫剤と外出禁止


今日は東京より北海道が暑くなるのだそうです

久しぶりに半袖を着て スカートをはいてみました
窓から入ってくる風の気持ちいいこと

外気温25℃
室温22℃

今のところ 快適です




白くなったミヤママタタビの葉に ピンク色が混じってきました

色の入りかたは様々で
緑のままの葉 全体が白くなった葉 一部だけ白くなった葉
全体がピンク色に見えるもの 白とピンクの混じりあったもの いろいろです

ちなみに葉の色の変化は 葉緑素がなくなったからではなくて
葉の表面側に空気が入るからなんですって 

でも なんで空気が入ると
白くなったりピンクになったりするのかしらん

不思議

ミヤママタタビ
P6040036-001.JPG


一昨日の夕方 バラの蕾や新芽にアブラムシを見つけました
しかも びっしり
気持が悪くなるような数です

毛虫もいそうだし 流石に このまま放置はできないと
殺虫剤(オルトラン水和剤)を使うことに決めました

翌朝 つまり昨日の朝
眼鏡にマスク 帽子 長袖 長ズボンという完全防備で三脚の上に立ち
大型ランブラーにもシャー

ところが そろそろ作業が終わるという段になって

ポツリ ポツリと大粒の雨が‥

あれぇ 今日は晴れの予報じゃなかったっけー!?

P6030030.JPG

土砂降りという降り方ではなかったけれど
散布した薬剤を流し落とすには十分の降り方でした

雨あがり
結局 薬剤を作り直し 二度目の散布をいたしました


アブラムシの消えた ゴールデンボーダー
P6040004.JPG


消毒をしたので さわらはしばらく外出禁止です
というわけで 今回の庭めぐりは私一人で


プライベートガーデンのヒメウツギ
臥せっている間に 満開になっていました


P6040025.JPG

シダとスミレ
P6030075.JPG

アストランティア マヨール
P6030078.JPG
アルケミラモリス
P6020002.JPG


このジギタリスの花芽 ずいぶんりっぱでしょ

こんなのが ひと株から5つも出ているのの見つけて もう びっくり

メインガーデンのジギタリスは貧相なのに
植え場所 間違ったかなぁ

ジギタリス
P6030087.JPG


初夏に咲く宿根草がちらほらと咲き始めました

庭の開放を今月9日から始めようかと考えています
お近くにお寄りの際は 気軽にお立ち寄りくださいね

庭の公開期間 6/9(土)~7/8(日)


では皆様 今日もよい1日を




おまけ

P6030128.JPG
あのぉ
耳 見えてますけど

‥‥‥



2018年6月 1日

思わぬ出会い


最初は 「 へぇ この辺り(岩見沢)にもきれいな菜の花畑があるんだな 」
そのくらいにしか思っていなかったんです


P5290037.JPG

でも あまりにも菜の花の黄色が鮮やかで
あまりにも空が青いから
通り過ぎることができなかった

旅の道草 それもありかな


車を降りた途端 むせ返るような菜の花の香りに包まれ
一気に日常が遠のいていく気がしました



路肩から 花畑を撮っていたら
一人の男性が ゆっくりこちらに近づいて来るのが見えました

マズイ
写真 ダメだったかな‥

P5296249.JPG

豆粒だった男性が近づくにつれ
顔がこわばるのが自分でもわかりました

誠心誠意 謝ろう


30m ほどまで近づいたとき
男性が片手に何かを持っているのに気がつきました

あれは なんだろう?

 
P5296268.JPG

と 次の瞬間 写真仲間が男性に
無断で写真を撮ったことを詫びる声が聞こえてきました
( しまった 先を越されてしまった)

男性は 笑いながら
「 いえいえ どうぞどうぞ」 と言い 手に持っていたものを
写真仲間に手渡しました

それは蜜のたっぷり詰まった 美しい蜂の巣でした

男性は 何処の誰ともわからない私達に
採れたての蜂蜜をご馳走してくれたのです

へっ 叱られるんじゃなかったんだ

まさかまさかの展開に 驚くやら 感激するやら

こんなことって あるんですね



菜の花畑の中で 滴り落ちる蜂蜜を舐めました
とろりとした蜜は透明に近く
市販のそれとは まったく別物の味がしました 

美味しい
今まで食べたどの蜂蜜より美味しい


持ち上げた蜂の巣の向こうに 真っ青な空が広がっていました
甘い甘い菜の花の香りがしました


P5290003.JPG

蜂蜜をご馳走してくださったのは
北広島に直売店のある 荒井養蜂場のみなさん

1939年創業というから 養蜂を始めて もう80年近くになるんですね

P5290023.JPG

作業はご家族総出で

P5296269.JPG

P5290010.JPG

冬の間は蜂の越冬のため 鹿児島で過ごすのだそうです
トラックでの大移動

春から晩秋までは北海道
冬は鹿児島

なんだか すごい

P5296276.JPG


養蜂家のみなさんのご親切 忘れません
ほんとうにありがとうございました

直売店に必ず伺いますから (笑)




2018年5月30日

滝川 菜の花畑


なだらかな起伏の丘に 存在感のある大木が1本

丘には幾筋もの畝が伸び
一見すると まるで美瑛のような風景です

ここは どこ?

ここは‥

滝川!

落葉樹の足元から続く黄色いそれは
そう 滝川の菜の花畑です

P5296387.JPG

昨日 写真仲間と 滝川までプチ遠征してきました


滝川の菜種作付面積は 4年連続で日本1

見渡す限りの菜の花畑
そばに立つと 甘い香りが漂ってきます

P5296325.JPG

遠くに見える山々には まだ雪が残っていて
いかにも北海道といった景色でしょ

P5290219.JPG

これも美瑛風 ですね

P5290156.JPG

この日の滝川は25℃近くまで気温が上がりましたが
 風もあり 清々しいお天気

P5290078.JPG

菜の花畑の向こうに見えている山
名前は分かりませんが いい仕事をしていましたよ

P5290180.JPG

期待を裏切らない 滝川の菜の花畑
ほんとうに出かけてよかった

滝川のみなさん ありがとう
農家のみなさん ありがとう
菜の花畑 ありがとう


実は今回の遠征途中に
思いがけない出会いがありました

最初は‥

いえ 今回はこの辺にしておきましょう
長くなりそうなので 続きは次回に




おまけ

P5230057.JPG
最初は‥ なに?




2018年5月28日

気になること


どうも今年の5月はいけません

ようやく鼻水もとまって 完全復帰と喜んでいたのも束の間
昨日の昼過ぎから ひどい下痢になり ( 汚い話で ごめんなさい )
再びダウンしてしまいました

食あたりなのか 風邪のせいかなのか
原因ははっきりしませんが 昨日はなかなか悲惨でした

今日になって症状が落ち着きましたが
まだ油断はできないので
ポカリ や ウィダーインゼリーで凌いでいます

味気ない~



体調不良で 思うようにできない庭の手入れ

それでも それなりに草花は育ち
心を和ませてくれています

みんな お利口さんだよー

アムソニアの蕾
P5260035.JPG




※※※ ※※※ ※※※




数日前 車検がようやく終わりました

小さくてもよく走ってくれる 私の相棒

春に洗車したとき 小さな茶色い汚れが点在しているのに気づき
いったい何だろうと気になっていたのですが

車検をお願いした 整備士さん曰く

これね 鉄粉がささっているんです
料金はかかりますが きれいにできますよ

鉄粉が ささる?
車に?

春先によくあるんですよ
ささるのはどうしようもないけれど きれいに取れますから

そんなことがあるんだ と 無知な私はひどく驚き
財布の中を確かめ 除去をお願いすることにしました

戻ってきた車は ピッカピカ

擦っても 擦っても取れなかったのに
すごいわぁ

P5276147.JPG

‥‥ そうだ! そう言えば 思い当たることがあった

冬の終わり 国道ですれ違った大型ダンプとすれ違いざまに

撒菱(まきびし)が飛んで来たんじゃないかと思うような
すごい音がして

そのときは気づかなかったけれど きっとあれだ

そうかぁ あれか
窓を開けてて 目に入ったりしなくて良かったと思うことにしよう





※※※ ※※※ ※※※





夏鳥のノビタキに
お腹をこわす前に会いに行ってきました

尾羽を上げたり 下ろしたり
ジッ ジッ ジッ! と鳴きながら威嚇してきます

子育ての時期のノビタキは勇敢です
ごめん ごめん と謝りながらシャッターを切ります

気になっていたんだよ おまえのことが


ノビタキ(オス)
P5265752-001.JPG




※※※ ※※※ ※※※





バラに虫はつきものです

こんなふうに葉がくっついていたら 中に幼虫が潜んでいます

たくさんの虫を手で取るには限界があるので
殺虫剤を使うのが手っ取り早いのですが

体調の悪いときの殺虫剤の散布は できれば避けたい‥

小鳥が食べてくれば一番なんだけれど
なかなか思うようにはいきません

気になってはいるんですけれど


P5260079.JPG


オンコ(イチイ)の新芽がきれいです

そろそろ剪定をしてやらなきゃと思って 早3週間
これも 気になります


イチイ
P5260017-001.JPG

うちに来て何年になるかな
シックな花色のオリエンタルポピー

今年こそ 今年こそと 思っているのだけれど
期待は裏切られ続け 未だ花を見られず

でも 諦めませんよ
今シーズンは無理でも 来年こそ

オリエンタルポピー  Patty's  Plum
P5280016.JPG

花数の少ないサキシフラガ

ずっと気になっていました

もう少し日当たりのいい場所に
移植してやった方がいいんじゃないかって

で ようやく先日 一部を移植いたしました


P5200042.JPG
よかったね




おまけ

P5230083.JPG
あたし これが気になる




2018年5月24日

さわらの庭めぐり2018 バラに蕾が!


大変です!

まだ5月だというのに もうバラに蕾がついています

このままでは6月で咲き終わってしまいそう

7月に予定されている庭関係のイベント‥
どう乗り切る おまさ?




シェードガーデンの草花も もりもり

さわら眼線だと まるでジャングルです

P5230105.JPG

もりもり ヒューケラ

ヒューケラ
P5230010.JPG

もりもり カラーリーフ

手前から 斑入りイワミツバ ポレモニューム
ヒューケラ シモツケ(ファイヤーライト)

こうしてみると我が家の庭は カラーリーフだらけ
(ポレモニュームは 緑葉だけど‥)

P5230128.JPG

で こちらがバラの蕾

庭のほとんどのバラがこんな感じなんですよねー

自然相手だから 仕方ないんだけれど
ちょっと気が揉めます

ラプソディー イン ブルー
P5230030.JPG

ネジアヤメも咲き始めました

学名 Iris pallasii var. chinensis Fisch. 
(アヤメ科 アヤメ属)

P5230126.JPG

アサギリソウも もりもり

P5230038.JPG

チゴユリも もりもり~

P5240048.JPG




おまけ

P5230044.JPG
あっ 虫がもりもり ???