ホーム >

花咲か日記

2017年9月11日

チョキン チョキン チョキン

バラの花を切りました

チョキン チョキン チョキン

いい香りがします
優雅で贅沢な とっておきの時間です



こちらは ウォームピンクの ブラザー  カドフィール
花の形もきれいですが やっぱり一番はこの香り

あ~ 癒される‥

P9010003.JPG


カーネーション咲きの可愛い小花をつけているのは
ホワイト  グルーテン  ドルスト

これでも一応 ハマナスの仲間なんですよ

気温が下がってきた証でしょうか
蕾にほんのりと色がついてきました

イタタ
やっぱり トゲ 鋭いね

ホワイト  グルーテン  ドルスト
P9100009.JPG

四季咲きのオールドローズ ジャック  カルティエです
このボタン・アイ  たまりませんね

ジャック  カルティエ
P9100018.JPG

そしてこちらは ブログにも度々登場している
ホワイト メイディランド

さすが修景バラ
また株を覆うように咲いてきました

ホワイト メイディランド
P9100002.JPG

これは ブラッシュ ノアゼット

とってもきれいなバラなんだけど
何故かいつも上手に写真に撮れない

ごめんね

ブラッシュ ノアゼット
P9040062.JPG

マサコはずいぶん花色が濃くなってきました

しみじみ 秋ですね

マサコ
P9040054.JPG

さあ おまえも切るよ
チョキン!

アンブリッジローズ
P9050117.JPG

いいお天気は今日まで
明日は雨になりそうです


最高気温も20℃に届くとか 届かないとか
いよいよ本格的な秋ですね

どうぞみなさま お風邪など召されませんように




おまけ

P9100147.JPG
どこか行くの?



2017年9月10日

クサカゲロウ

今朝は地面を叩く激しい雨の音で目が覚めましたが
日中はからりと晴れ 久しぶりに清々しい秋晴れとなりました

ここ数日の蒸し暑さから解放され
ホッと一息です


こちらはグラミス キャッスルにとまったクサカゲロウ 

細身の華奢な体と 透き通った網目状の翅
なんとも繊細で美しい虫です

P9010043.JPG

クサカゲロウは ウスバカゲロウの仲間で
儚い命のカゲロウとは まったくの別物

ちなみにウスバカゲロウの幼虫は あのアリジゴク

そしてクサカゲロウの幼虫は アリマキジゴクと呼ばれ
アブラムシ(アリマキ)やハダニ・カイガラムシなどを捕食してくれる
私達ガーデナーにとっては ありがた~い存在なのです

卵は俗に優曇華(うどんげ)の花と呼ばれていて

まるで猫のヒゲのような卵柄の先に 白い卵が1個
それが何個も連なって これがなかなかのインパクトなんですよ

今回は写真がないけれど 撮れたら必ずアップしますね




庭は日に日に秋めいて
ついにノコンギクの仲間にも 花がつき始めました

下の写真のは蕾ですけれどね

ゴシキバノコンギク ( キク科 シオン属 )
P9050088.JPG

アナファリスは そろそろドライフラワー用にカットしちゃうかな

アナファリス
P9050086.JPG


ラプソディー イン ブルー
P9010027.JPG

斑入りヤブラン
P9100099.JPG

ナツツバキ(シャラ)
P9100100.JPG

ホトトギス
P9100087.JPG

アンブリッジローズ
P9050079.JPG

最近ラベンダーやセダムの花に よく蝶が集まってくるようになりました

蜜なら いくらでもどうぞ
でも卵は勘弁してね

クジャクチョウ
P9100067.JPG

モンシロチョウ
P9100036.JPG


おまけ

P9100151.JPG
あっ!




2017年9月 8日

北海道開拓の村 そのⅡ


朝起きて 窓の外を見ると
西の空いっぱいに大きな虹がかかっていました

アスファルトも濡れていないのに虹
不思議です

窓を開け  吹き込んでくる風を楽しんでいたら
急に大粒の雨が降り出してきて
慌てて開けたばかりの窓を閉めました

空一面の虹は跡形もなく消えて 残ったのは灰色の空だけ
今日は1日 ぐずついたお天気になりそうです 



さて 今日は前回の開拓の村の第二弾

最初に登場するのは
有名なニシン御殿のひとつ 旧青山家住宅(旧青山家漁家住宅)です

ここのニシン御殿は母屋の他にも 
文庫倉 石倉 板倉 網倉 米倉なんかが連なっていて とにかく立派

旧青山家漁家住宅 (昭和55年収集・昭和58,59年復元 / 小樽市祝津町)
P9050393.JPG

では 中へ

母屋に入った途端 心地いい匂いがしてきます
何だろうと思ったら 囲炉裏の中の炭でした

夏に まさか炭をおこしているとは‥


「夏でこうなら 冬は寒くて大変でしょうね」
囲炉裏のそばに居たボランティアガイドさんに話しかけると

「冬でもこの炭だけなんですよ」 と答えが返ってきました

「じゃあ ダウンコートとかいっぱい着なきゃダメですね」 と再び私

「半纏(はんてん)で なんとかやっていますよ」
 と にっこりのガイドさん

おみそれいたしました

P9050405.JPG

さて こちらは母屋の屋根部分

こういうのを「小屋組」というそうですが
大きくて 高くて すごい迫力でしたよ

それにしてもこの広い空間の暖を 囲炉裏の炭だけでまかなうとは
驚きです

P9050407.JPG

で こちらは住宅内部

窓際は1階2階とも 出稼ぎ漁師(ヤン衆)の居住区になっていて
一人に割り当てられたスペースはわずか畳1畳分

最盛期には60人ものヤン衆が寝泊まりしていたというから
さぞや にぎやかだったでしょうね

今はひっそりと静まり返ったニシン御殿
畳の端には 折りたたまれた布団が整然と並んでいました

P9050408-001.JPG


NHK の朝ドラ「マッサン」のロケ地となった 北海道開拓の村

ここニシン御殿は
ニシン漁で一旗揚げた森野熊虎の屋敷として使われたそうです

そういえば そんなシーンがあったような‥

P9050088-001.JPG

ヤン衆 ここで食事を摂っていたんだなぁ

P9050082-001.JPG


旧青山家住宅から離れます



こちらは 爾志郡(にしぐん)熊石町(現在の二海郡八雲町)にあった
「はねだし」と呼ばれる倉

はねだしはシニン漁家の付属施設として
海岸の地形に合わせて海側に跳ね出す形で建てられたもので
倉の下に船を着け 床の開口部から直接荷物の出し入れが
できるようになっているそうです

ちなみに復元されたこの倉は
漁具や魚 漁粕 身欠ニシン 数の子などの加工品を
収納するために使われたらしいですよ

旧土屋家はねだし ( 明治20年頃 建築  / 爾志郡熊石町  )
P9050461.JPG

海猫(ゴメ)が鳴くから ニシンが来たとぉ~♪

澄み切った青空の下
気持ちよく石狩挽歌を歌いながら ニシン御殿をあとにし
次に訪れたのは 旧浦河公会会堂

ここでは薄汚れた心を浄化すべく
讃美歌「いつくしみ深き」を 一人熱唱いたしました

気持ちよかったぁ

 旧浦河公会会堂 ( 明治27年建築 / 浦河 )
P9050376.JPG


村には 開拓時代の西洋建築がいくつも残っています

代表格がこの旧開拓使工業庁舎で
国の指定重要文化財にもなっているんですよ

旧開拓使工業庁舎(明治10年建築 / 札幌)
P9050302.JPG

他にもお洒落な西洋建築がいっぱいありました
一部だけど写真だけアップしておきますね

旧小樽新聞社 ( 明治42年建築 / 小樽 )
P9050283.JPG

旧開拓札幌庁舎 ( 明治6年 / 札幌 )
P9050258.JPG

旧札幌停車場 ( 明治41年 / 札幌 )  
P9050579.JPG

広い広い 北海道開拓の村
半日かけて回りましたが 結局見学できたのはごく一部

出直すには まず足腰を鍛える必要がありそうです

では またいずれ 




2017年9月 7日

北海道開拓の村 そのⅠ

年を取ったせいでしょうか
最近 昔のことを思い出すことが増えました


先日 厚別区にある
北海道開拓の村(野外博物館)を訪ねてきました


広さは 54.2ヘクタール(東京ドーム11個分)というスケールの大きさ

そこに 明治から昭和初期にかけて建てられた古い建築物(52軒)が
移築復元されているんです


ゆったりと時間の流れていた 古きよき時代
懐かしさでいっぱいになりながらシャッターを切ってきました

若い方は 新鮮な気持ちで
昔若かった方は 昔を思い出しながら
ゆっくりと ご覧になってくださいね


囲炉裏のある部屋

武井商店酒造部 ( 明治19年頃 / 泊 )
P9050453-001.JPG

お勝手
P9050138.JPG

最近見ることの少なった障子

年末の大掃除
障子の張り替えで 古い障子を破るのは
もっぱら子供の仕事でした

窓に映り込んだ緑もきれい‥

P9050506.JPG

日本の家屋って 直線的ですよね

スッキリとしていて美しい
無駄なものがないって いいな

武井商店酒造部 ( 明治19年頃 / 泊 )
P9050548.JPG

こちらは馬車鉄道

冬には馬そりになるそうです

野外学習で来ていたちびっこに
「危ないから離れてね」 とお姉さん

のんびり ゆったり

なんだか 微笑ましい

P9050005.JPG

身を乗り出す 平成生まれのちびっこ達

P9050030.JPG

馬車をひいているのは どさんこです

がんばれぇ

P9050032.JPG

煉瓦造りのお洒落な建物は 昔の派出所です

プレートには
札幌警察署 南一条巡査派出所とありました

中には白い制服姿の巡査(役の男性)がいましたよ


旧札幌警察署 南一条巡査派出所 ( 明治44年建築 / 札幌 )
P9050316.JPG

お疲れ様です

P9050315.JPG

これも懐かしい
赤いポスト

よく見ると 雨が入り込まないように 投入口が塞がっているんです
つまみを回すと開くんですよ

もしかして これって常識?

P9050059.JPG

竹岡商店 ( 明治31年建築 / 新ひだか)
P9050051.JPG

たばこの看板

この頃は 受動喫煙とか副流煙なんて
問題になってなかったからなぁ

P9050065.JPG

旧来正旅館 ( 大正8年 / 旭川 )
P9050010.JPG

たくさん写真を撮ってきたので とても1度に紹介しきれません
というわけで 続きは次回に

申しわけありませんが もうしばらくお付き合いくださいね


では皆様 今日もよい1日を!




2017年9月 2日

ちびたん がんばれ!


昨日 小さな池で マガモのヒナを見つけました

1羽 2羽 3羽

近くに親鳥の姿はありません


P9019389.JPG

毎年この時期になると
池の8割方が水草に覆われてしまいます

ヒナのぽわぽわの小さな頭や背中にも水草が絡まり
大丈夫かと ちょっぴり心配になります

P9019337.JPG

兄弟を見失って1羽になった子が
ひときわ大きな声で鳴きます

すぐに返事が返ってきて 3羽がまた ひとかたまりになり ホッ


ちびっこだけで池の縁を進みます

偉いぞ!

P9019361.JPG

時々ジャンプして 雑草を食べるヒナ

偉いぞ!

P9019366.JPG



同じ池に カルガモの親子がいました

こちらは大家族
子ガモは全部で7羽です

先ほどのマガモのヒナに比べると
ちょっぴりお兄ちゃんお姉ちゃんかな


P9019485.JPG

母さんガモに守られて トロトロトロトロ
お昼寝です

P9019513-001.JPG



再び マガモの子 

先頭をゆく 小さな小さな マガモの子


P9019405-001.JPG

見守る母鳥はいないけれど おまえたちなら きっとやれる

ちびたん がんばれ!

ちびたん がんばれ!




2017年8月31日

秋めいて

一気に秋めいてきました

2日前の最低気温は 10℃以下
昨日は 11.9℃
日中も20℃前後止まりで 半袖では少し肌寒いくらいでした

庭は生気を取り戻し 私も元気モリモリ

こうなると 俄然庭仕事が楽しくなってきます

ランブラーのシュートを切り落として
芝を刈って 雑草を抜いて 宿根草を移植して ホスタの花がらをカットして‥

いや~ 昨日 今日と 久しぶりによく働きましたよ


ホトトギス

Tricytis  hirta
P8310038.JPG
ホトトギスは 大好きな宿根草のひとつです

花も魅力的ですが この葉がまたいい
特に早朝 雫をまとった葉の美しさときたら もう

ちなみに 後ろにぼんやりと見えている橙色の花はリグラリア
すっかり秋色ですねぇ



秋色といえば こちらもそう
セダム 大人好みのシックな花色でしょ 

セダム パープル エンペラー

Sedum telephium 'Purpule Emperor' 
P8310110.JPG


そして 私の大切な大切な宿根草
キミキフーガ ラケモサ コルディフォリア

今年も咲いてくれました
雨でおじぎをしてはいますが それもまた良し

なんとお洒落で 野趣あふれる植物であろう~ 好き

Cimicifuga racemosa var.cordifolia
P8310105.JPG

そうそう 八重のタマノカンザシにも蕾がつきましたよ

これが咲くと いよいよ秋だなぁ
って思うんです

明るい黄緑色の葉と純白の花
ほんとうに上品な子ですよね

ホスタ(ギボウシ) 八重のタマノカンザシ
P8310043.JPG

ペニセタムにも花穂が ♪

ルブラは耐寒性がないけど モードリーなら大丈夫
大株に育って ちょっとしたフォーカルポイントになりました

やったね

秋のグラス類って 最高です

Peninisetum  alopecuroides   Moudry
P8310039.JPG

こちらは繊細な タリクトルム ディプティロカルプムの花

細くて長い茎と アジアンタムに似た小さな葉
丸いころころとした蕾 どこをとっても申し分ありません

Thalictrum  dipterocaroum
P8250015.JPG

四季咲きのバラも次々に開き始めました

ウォームピンクの イングリッシュローズ
ブラザー カドフィール

ちょっぴり濃くなった秋色のカドフィールは
とってもいい香りがするんです

摘んだ花がらをベッドサイドに置いて
ささやかな贅沢を楽しんでいます

ブラザー カドフィール
P8310084.JPG

大好きな花に囲まれ 大好きな庭仕事
傍らには さわら


青い空 秋の雲 爽やかな風 バッタの鳴き声

P8250073.JPG


今日が皆様にとって すてきな1日になりますように




おまけ

さわら 柵から頭を出し下を覗き込む

P8070106-001.JPG
落ちないでよ

は~い




2017年8月29日

Jアラートと赤トンボ


ピンポンパンポンパン ピンポンパンポンパン

突然 携帯から聞き慣れない音が聞こえてきました


覗き込んだスマホの画面に ミサイル発射の文字

Jアラートです

メールを読み進めると

北朝鮮からミサイルが発射された模様です
頑丈な建物や地下に避難してください

とあります

対象地域‥
北海道も入っています

大変だ!


慌ててさわらを抱き上げ TVの電源を入れると

TVにでスマホと同じ映像が写っています


P8258050.JPG

とりあえず 窓から離れて

さわらを抱いたまま TVの前でオロオロしていたら
少しして またJアラートの着信音が鳴りました


先程この地域の上空をミサイルが通過した模様です
不審なものを発見した場合には 決して近寄らず
直ちに消防や警察などに連絡してください


通過したんだね
ってことは もうここには落ちないってことだ

一安心だよ さわら


P8258058.JPG

それでもしばらくはTVの前から離れることができず

PCの前に戻ったのは
ミサイルが襟裳岬の東方1180m の太平洋上に落下したことが
繰り返し伝えられた後でした

おっかない‥





※※※ ※※※ ※※※





先日 近所の公園でアジサイにとまっているトンボを見つけました

レンズを向けたら ふわっと飛んで 手前の枯れ枝にとまったので
アジサイを背景にトンボの写真を撮りました

アキアカネかナツアカネか
正面からじゃ ちっとも分からない

お~い おまえは アキアカネ?
それとも ナツアカネ?

P8258047.JPG

そんな私でも
ここまで真っ赤になると
間違いなくナツアカネだと分かります

ナツアカネ
P8258066.JPG

こちらのトンボは 多分アキアカネ
胸の黒い模様の先端が尖って見えます

アキアカネ
P8258056.JPG

のんびりと トンボの識別に頭を悩ませます


昔ね
北朝鮮が日本の上空を超えて
ミサイルを発射したことがあったんだよ

今じゃ考えられないでしょ

そんなふうに話せる日が来たらいいな




2017年8月26日

根室本線

外出中 ポツポツと雨が降り出し
稲光が見えたと思ったら
空が裂けるような雷鳴が聞こえてきました

まずい 窓を開けたままだ

雨はあっという間に激しくなり
信号待ちの間も気が気じゃありません

大慌てで家に駆け込み
窓を閉め 濡れた個所を拭き取ります



※※※ ※※※ ※※※



先日 ベアマウンテンの帰り道
根室本線の線路上(落合付近)に流木の山を見つけました

去年の夏に北海道を襲った台風が原因だと思いますが
1年経った今もこの状態


P8170846.JPG

未だ不通となっているのは
東鹿追~新得間の41.5 Km だそうで

この分だと 全線開通までには
相当な時間がかかりそうです

P8170838.JPG

P8170825.JPG

線路の近くには空知川が流れています

川沿いのあちこちには 根ごと流された倒木が残り
土手の一部は深くえぐられたまま


河川の氾濫の傷跡

P8170886.JPG

こちらは空知川に架かる 小さな橋です

水色の欄干は折れ ねじ曲がり
日に焼けた赤いテープが ゆらゆらと風になびいていて

なんだか切なくなってしまいました

ルーマ橋  ルウオマンソラプチ川
P8170877.JPG

海水温の上昇 地球温暖化 ゲリラ豪雨 異常気象

こんな言葉にも
いつの間にか慣れっこになってしまった私です

でも ほんとうにそれでいいのかと 時々考え込んでしまいます


川岸の傍らには 美しい羽のチョウが2匹

P8170895.JPG
ひらひらひら ひらひらひら




おまけ

P8070097.JPG
ほらそこ トンボが飛んでるよ





2017年8月24日

サマースノーにアナファリス


昨日は久しぶりに暑かったぁ
最高気温 27.8℃

もあっとした風がたまに吹くけれど かえって暑くて息苦しくなるようで
日中は窓を閉め 扇風機をフル稼働

夜には20℃前後まで気温が下がって一息つけてホッとしたけど
西日本はこれ以上の暑さが 昼夜を問わずずっと続いているわけで
ほんとうに気の毒になります 

どうぞ 皆様ご自愛ください



さて そんな厳しい暑さをものともせず
庭では夏の花が元気な姿を見せてくれています

サマースノー(センニンソウの仲間)
Clematis 'Fargesioides'
P8230020.JPG

何故か今年は全般に調子のよいクレマチス
サマースノーにも 白い花がびっしりつきました

まさしく 夏の雪ですね

P8110040.JPG

P8070042.JPG

そしてこちらは 個人的に大好きな花
アナファリス( パール エバーラスティング)です

花びらが開くと 黄色いシベが見えるのだけど
開花前はまさに真珠

シルバーリーフとの対比もいいですよね

Anaphalis triplinervis ( Pearl everlasting )
キク科 ヤマハハコ属. 
P8230050.JPG

セダムの蕾も色づいてきました

左奥にぼんやりと見えているのは
鉢植え栽培のアガパンサス アフリカヌス

今年は花が4つ
順調に株が大きくなっています

耐寒性の弱いタイプですが
鉢ごと地面に埋め越冬させ3年目

なんとかなるものなんですね

セダム オータム ジョイ
P8230012.JPG

こちらのセダムは開花寸前です
ずいぶん色が濃くなってきました

P8230037.JPG

リグラリアにはヤマブキ色の花が咲き始めましたよ

リグラリア デンタータ ブリッド マリー クロフォード
P8230025.JPG

お休みしていたバラも ちらほら

コガネムシもいなくなったので一安心です

ホワイト メイディランド
P8230004.JPG

雨が降り始めました

ただ今の気温 21.5℃
どうやら厳しい残暑は1日だけだったようです
 



おまけ

P8150308.JPG
メェ~




2017年8月23日

ヒグマ

目の前を 巨大な ヒグマが
肩を上下に大きく揺らしながら歩いて行く

P8170433.JPG



※※※ ※※※ ※※※



二重になったフェンスが ゆっくりと開き


P8170814.JPG


鉄格子で補強されたバスが 静かに滑り込む

ここは サホロリゾート ベア マウンテン
上川郡新得町にあるクマのサファリパークだ

写真のフェンスを前にしたときから

頭の中で ジュラッシクパークのテーマ曲が
ひっきりなしに流れている

期待で胸がはち切れそうだ


P8170820.JPG


お気に入りの fasebook で
このベアマウンテンのことを知ってからというもの
片時も忘れることができなかった

念願かなって(8/17)  ようやく実現したベアマウンテン行き



未舗装のデコボコ道をバスが進む

まるでロデオだ

途中 バスがひっくり返ってしまうんじゃないかと心配になるほどの悪路だが
アドレナリンマックスで それすら楽しい


手すりにしがみつきながら
窓の外に目を凝らす


P8170815.JPG

いた! いた!

P8177491.JPG

うぉ~ またいた!

しかも近い おまけに2頭

P8170136.JPG

ドライバーさんのお話では クマにも相性があるらしく
仲の悪いのになると喧嘩で怪我をすることも少なくないらしい

こちらのヒグマは仲良しこよし

P8170174.JPG

バスは敷地中央にあるベアポントに到着
ガラス張りの観察施設だ

周りには池があって
結構な頻度でヒグマが水遊びにやって来る

窓越しに見えている歩道橋は森の中に設置された遊歩道で
高さ5m 全長370m

運がよければ ここから直接クマを見ることもできる


P8170535.JPG

外から見ると こんな感じ


P8177455.JPG

池にやって来たヒグマ君

でかい!

P8170588.JPG

それにしても すごい顔

ガラス越しだからいいけれど
こんなのに直接会うのはごめんだ

P8170351.JPG

ひゃあ 別のヒグマがやって来た

見てる 見てる

大丈夫かぁ‥

P8170697.JPG

お~よかった

仲良しだったみたい

P8170723.JPG

ベアポイントに着いた頃から 本格的に雨が降りだした

用意していた雨具を着て 遊歩道を歩いたのだけれど
カメラは雨でずぶ濡れ

遊歩道を諦め
ベアポイントで再びヒグマ観察


P8170492.JPG

のっし のっし

P8170422-001.JPG

石を枕代わりに のんびりとお昼寝

P8170505.JPG

丸太で遊ぶヒグマ

可愛いけど やっぱり鋭いよね 爪

P8170658.JPG

ちなみに この時のチケット代は
バス付き入場券+ホテルランチで3,200円

バスなしの入場券だけだと 1836円
バス付き入場券だけだと 2916円

ランチは通常だと1620円するので ランチパックはとってもお得かも

60歳以上だとシニア割引もあるようなので
興味のある方は こちらをどうぞ

http://bear-mt.jp/information




おまけ


P8170918.JPG
わたしも負けていませんから (メ ロン熊)

がおぉ~




2017年8月21日

銀河庭園 Ⅲ

尻切れトンボになっていた銀河庭園の紹介
遅くなりましたが続けますね

ちなみに写真は全て 今年の7月上旬に撮ったものです

こちらでは この頃がバラの最盛期なんだけど
今年はどういうわけか暑くて暑くて‥

連日30℃を越す猛暑続きで
バラには厳しい環境でした

それでも銀河庭園のバラ 見事でしたよ

ローズガーデン
P7035140.JPG

大きなパーゴラの下は日陰になって
吹き抜ける風 気持よかったなぁ

P7030346.JPG

さりげなく飾られたハンギングバスケット

たっぷりの緑の中
オレンジ色の球根ベゴニアが鮮やかでした

P7030356.JPG

トレリスガーデン
P7035115.JPG

ジューンベリーの後ろに 白くぼんやり見えているのは
小さな池に架かった小さな橋

池の名前は ひょうたん池ですって

写真には写っていませんが
3匹のクマさん 今も健在です

P7035169.JPG

石段を登った先には

P7035176.JPG

お洒落なポタジェがあります

果樹や野菜 ハーブ 一年草が
きちんと区分されたスペースに これまたスッキリと植えられていて
まあ 気持のいいこと

ポタジェ
P7035187.JPG

清々しい~

P7035183.JPG

サルベージガーデン
P7035211.JPG

撮りためた写真はまだたくさんあるのですが
とりあえず今回で 初夏の銀河庭園紹介はおしまいです

寄り道をしながらの拙い記事に
最後までお付き合いいただいて
ありがとうございました

P7035220.JPG


窓を開けて寝ていたのが悪かったのか
またまた風邪を引いてしまいました

残り少ない夏
皆様も 体調を崩さないよう 気を付けてくださいね

では 今日もよい1日を




2017年8月19日

オスプレイがやって来た

パタパタパタ パタパタパタ

ヘリコプターのプロペラ音がひっきりなしに聞こえてきます

ブラインドを開け 外を確認すると

取材用のヘリコプターが
1機 2機 3機

急に にぎやかになってきたな‥



昨日 オスプレイが恵庭にやって来ました

P8187759-001.JPG

どんよりとした曇り空

突如 現れたオスプレイは
木々の間に見え隠れしながらの低空飛行

P8187582-001.JPG

上空を飛ぶ取材用ヘリは全部で6機
対するオスプレイは1機

2機飛んで来る予定が
1機に不具合が見つかり 1機だけの飛来となったようです


HBC
P8187538.JPG

ANH(NHK)
P8187607.JPG

STV
P8187555.JPG

住宅地の上を滑るように飛んでゆくオスプレイ

P8187554-001.JPG

それにしても 低い

P8187744-001.JPG

よもや落ちるなどということはあるまい と思いつつも
万が一ということがないとも言い切れない と
ふと不安がよぎります

沖縄の人は いつもこうなんだろうな‥

P8187765-001.JPG

P8187749-001.JPG


ひんやりとした風が窓から入ってきます

今朝の最低気温は16.2℃
夜は窓を閉めることが多くなってきました


P8187811.JPG

夏の終わりが近づいています



おまけ

今日 カメラをぶら下げて近所の公園を歩いていたら
すぐそばをオスプレイが通過

とりあえず パシャ! パシャ!

近くで見ると やっぱり大きいですね

P8197815-001.JPG

で こっちは海上保安庁の航空機 JA724A

P8197855.JPG
しばらく にぎやかな空が続きそうです