ホーム >

花咲か日記

2018年8月19日

さわらの庭めぐり 秋の風が吹いた


雨の多い北海道
昨日は久しぶりにスッキリと晴れました


P8180115.JPG

最高気温21℃
カラッとした空気はまるで秋のそれ

あぁ 気持ちいい

P8180001.JPG

シーツに毛布 タオルケットに枕カバー
大物のリネン類を洗濯機に放り込み

窓という窓を全部開け ついでに窓掃除

うへー ばっちい


午後からは さわらと一緒に庭仕事

芝のエッジ部分をバリカンで刈って
咲き終わったギボウシの花茎を切り落として‥


あっ さわら
蝶々だ

P8180090.JPG

アゲハだね
ずいぶん羽が傷んでる

P8180056.JPG

いい風

気持ちいいね

P8180093.JPG

スタキス モリエニ ・ クリスマスローズ(フェチダス) ・ ヒューケラ
ヒメウツギ ・ 斑入りイワミツバ

P8180108.JPG

フウチソウが茂りすぎて まるでジャングルだ
よし カットするかな

P8180121.JPG

セダムに赤とんぼ発見

さわらに見つかんないように気を付けてよ
じっとね そのまま そのまま‥

P8180124.JPG

そのまま そのまま

P8180125.JPG

動かなきゃ さわらには見つからない

P8180144.JPG

今日は厚い雲に覆われている恵庭

午前7時 ただ今の室温 20℃ 湿度60%
快適です

さあ 今日はどんな1日にしようかな




2018年8月18日

秋のような


今朝は冷え込みました

最低気温 8.2℃
8月中旬と思えない寒さです

黒岳では早くも初冠雪の便りが聞かれ
残り少ない夏を実感しています


そんな なか
庭のアナファリスは 輝くような白い花を咲かせ

アナファリス  パール エバー ラスティング
P8170078.JPG

リボングラスは 淡緑色の素朴な花

高温多湿を嫌うリボングラス
気温が高すぎると開花しないそうですから
この涼しさは リボングラスには うってつけだったかもしれませんね

リボングラス
P8170089.JPG

リグラリアは 鮮やかな山吹色の花を咲かせ始めました

リグラリア   ブリッド マリー クロフォード
P8170066.JPG

ベニシジミ
P8170048.JPG


涼しかった昨日は 庭仕事ざんまい

夏の暑さと雨で傷んだアルケミラモリスやゲラニウム
アサギリソウ 斑入りイワミツバの葉を整理し

ギボウシやバラの花がらを摘み

伸び過ぎた芝を刈り

ノイバラやランブラーのシュートと スモークツリーの剪定をすませました


P8170110-001.JPG

クレマチス  サマースノー
P8170114.JPG

シコタンハコベ
P8170092.JPG

チゴユリの実
P8170052.JPG

ラプソディー イン ブルー
P8170032.JPG

今日も涼しい予報の北海道

快適には違いないのだけれど
突然の寒さに 身体がついていくのが大変です

どうぞお風邪など召されませんように

そして よい1日を!



おまけ

P8150016.JPG
寒い



2018年8月16日

晩夏


お昼前だというのに気温が上がりません

窓を閉め切っていても室温は22℃
薄手のカーディガンを羽織ってちょうどの涼しさです


ここしばらく 冷たい雨が続いている恵庭です

P8160041-001.JPG

雨の中 鉢植えのアガパンサスが満開になりました

アがパンサス(アフリカヌス)
P8100041.JPG

バラも ぽつぽつ

ラプソディー イン ブルー
P8150059.JPG

アンブリッジローズ
P8160091.JPG

ゴールデンボーダー
P8160049.JPG

こちらは セダム

今年は虫にやられず 花がきれいに咲きそうです

左奥は ホセオバージン
P8150081.JPG

オータムジョイ
P8140024.JPG

パープルエンペラー
P8140049.JPG

エキナセアもがんばっていますよ

エキナセア ベビースワン
P8150067.JPG

そして雨の似合うホスタ

ホスタ (ギボウシ)
P8150076.JPG

裏庭の奥では リグラリアが

P8140002.JPG
ついに花を咲かせ始めました

リグラリア ブリッド マリー クロフォード
P8150068.JPG

サマースノーも次々と開花中です

P8140041.JPG

窓越しに見えているのは ナツツバキ

手前の鉢植えはオリヅルランです
暗くて見えないかもだけど‥

P8160094.JPG

来週は暑さが戻ってくるようです
気温差の大きくなる週明け

みなさん 体調に気をつけましょうー



※※※ ※※※ ※※※




前回と前々回の記事は
どういうわけか Facebook に自動更新されませんでした

はてさて 今回はどうかな

どうか うまくいきますようにー
なむなむ




おまけ

P8150004.JPG
手動でやってみれば




2018年8月14日

北竜町 ひまわりの里


一昨日の撮影旅行
日帰りの遠征ではあったのだけれど内容は実に濃密で

アオバト と 増毛駅 の他にも 石狩市浜益のイソヒヨドリ と 白銀の滝
それに北竜町のひまわりの里をまわるという かなりのハードスケジュール

と言っても 結果そうなっただけなんですけどね


とりあえずアオバトと増毛駅の紹介が終わったので
今回は北竜町のひまわりの里について書くことにします

(アオバトの記事は野鳥ブログ と 岡正子Facebook に掲載しています)


P8120033.JPG

北海道では有名な 雨竜郡北竜町のひまわりの里

ところが 残念ながら 訪ねた時期が遅かった
ひまわりのほとんどが 既に散ったあと

仕方ないので 所々に残った満開のひまわりを見つけては
誤魔化しの写真を撮る私

せめて これが青空ならなぁ

P8120029.JPG

こちらは 背高ノッポのひまわり2株

よく見ると ‥ あっ! (おまけを見てね)

P8120005.JPG

広大なひまわり畑の片隅に 満開のひまわりを見つけました

矮性種だけれど
 
P8120090.JPG

曇り空だけれど

贅沢は言えません

P8120078.JPG

いつか お天気のいい日 ひまわりが満開の頃 リトライ!

P8120040.JPG



おまけ

P8120006.JPG
にこっ!




2018年8月13日

増毛駅


昭和の真ん中あたりで生まれた私

平成になって いつの間にか30年もの歳月が経ち
間もなくそれも終わろうとしています


アオバト撮りの遠征帰りにふらりと立ち寄った増毛駅で
懐かしい昭和の世界を見つけました


増毛駅
P8120202.JPG

2016年12月に廃止となった 留萌本線 留萌駅ー増毛駅間

残された線路の先には
杭が打ち込まれ 雑草が生い茂っています

P8120199.JPG

廃駅になったあと 観光拠点としてリニューアルされた増毛駅は
今年の4月に完成したばかりだとか

P8120301.JPG

美しく生まれ変わった駅舎と 年代物の青緑の椅子
なんてお洒落な

P8120216.JPG

駅の裏手から見えた建物に惹かれ

P8120219.JPG

表側に回ってみると そこはまさに古き良き時代が

風待食堂 ステキな名前だ

P8120245.JPG

縁台に座る男性 いい雰囲気です

P8120247.JPG
カラン コロン と鳴る風鈴の音を味わいながら
引き戸を開けると

P8120248.JPG

酒処と書かれた赤い提灯と くすんだ緑の暖簾が
目に飛び込んできます

昔の居酒屋?

中に入っても大丈夫ですよ

売店の女性が声をかけてくれ
暖簾をくぐると まさにそこは昭和レトロの世界

古いラジオから八代亜紀の歌声が流れてきます

P8120270.JPG

居酒屋を出て パイプ椅子の並ぶ食堂風の場所には
壁一面に高倉健さんの写真がずらり

駅 STATION

あー ここ 映画のロケ地だったんだ

小さな扇風機が運ぶ風の なんと気持ちいいこと

P8120279.JPG

街並みは美しく 長閑でやさしかった昔の記憶が蘇ってきます

P8120252.JPG

P8120289.JPG

ニシン漁や石炭の時代が終わり
過疎化が進み 廃線になり

それでも 駅は生きていました


初めて訪れた増毛駅

美しく懐かしい場所でした



おまけ

P8080182.JPG
昭和かぁ‥



2018年8月 9日

ささやかな幸せ


庭で見つけた小さな花 ゲンノショウコ

花びらの青紫のストライプと
鮮やかな葯が印象的です

植えた覚えがまったくないので
小鳥さんからの贈り物かもしれません

ちょっぴり得をした気分です

ゲンノショウコ
Geranium   thunbergii
P8080232-001.JPG

こちらは 以前にもブログで紹介したことのある
クサカゲロウの卵

あの時は文章だけでしたが 今回は写真付きです

空中にゆらゆらと揺れる様が
とても神秘的です

ちなみにクサカゲロウは(幼虫も成虫も)
アブラムシやカイガラムシを食べてくれます

だから庭でこの卵を見つけると うれしくってたまりません

クサカゲロウの卵 ( 写真をクリックしてみてね!)
P8060033-001.JPG

ナミテントウも負けていません

お得感満載です

P8040032.JPG

窓に映った空と 本物の空

からりと乾いた青空 いいですねー


P8080059-001.JPG

久しぶりに降る雨も またうれしいものです

P8090006.JPG

元気いっぱいのホトトギスや

P8060022.JPG

サマースノーの小さな花

P8080219-001.JPG

次々と咲き続けるガウラ

P8080078-001.JPG
庭には 小さな幸せがいっぱいです




おまけ

P8080215.JPG
あたしは やっぱり カリカリが一番




2018年8月 7日

片想い


あれから11年

遠い昔のような気もするけれど
つい昨日のことのような気もします

夏の暑い日 52歳の若さで 突然夫が逝ってしまいました


P6050272.JPG

私はずいぶん年をとってしまいましたが
11度目の夏もそれなりに元気で

夫の真似事をして写真を撮り 野山を歩き PCを触っています


その間 何度も

バラが咲き

P6140038.JPG

ユキムシが飛び

PA154988.JPG

ススキがほうけ

PB108587.JPG

草木が樹霜に覆われたり

PC200103.JPG

太陽が地平線に沈んだりするのを見てきました

P1060096.JPG

春になって 雪の中から顔を出すスノードロップや

P3230017.JPG

桜や

P5050220.JPG

タツタソウの花を愛で

P4290214.JPG

ツルアジサイが雨に打たれるのを見てきました

P6020027.JPG


子ども達は結婚をし 3人のチビにも恵まれました


PA080396.JPG

P9140101.JPG

付録のような人生だと思っていましたが
間違っていました

まるでご褒美ような人生


ただ‥ 時々無性に会いたくて 会いたくて
こればかりは どうしようもありません


P8020091-001.JPG

私の使っている自転車や芝刈り機は いつだってピカピカでした

知らないうちにへこんだタイヤには
ちょうどいい具合に空気が入っていて
パンクしたタイヤも元通り

お気に入りのカップが割れても
リヤドロの人形が壊れても
数日後にはきちんとなおっていました

私なら 「なおしておいたよ」と胸を張るところだけれど
夫はなにも言わないまま

ありがとう とお礼を言うと
いつも ちょっぴり口元が緩みました


11年間 ずっと片想いの私
ヒゲ君 つくづくあなたは罪な人だ




おまけ

P4270085-001.JPG
あたしも会いたかったな




2018年8月 4日

8月の庭


今朝は15℃を切っていました
窓を開けるとひんやりとした風が入ってきて肌寒いほどです

水たまりに波紋ができているところをみると
どうやら雨が降っているようです

窓から出した手に細かな雨
冷たい霧雨です



バラの咲き乱れる華やかな庭は 緑の多い落ち着いた庭へと変貌しました
アナベルの白い花が涼しげに見えます


下の写真はクレマチスのジャックマニー

アンジェラ や フランシス E レスター と一緒に
メインガーデンのアーチに絡ませています

1週間ほど前から はらはらと花びらが芝の上に落ちるようになりました

ジャックマニー
P8020048.JPG

こちらは 大好きな大好きな アナファリス(パールエバーラスティング)

国内に自生するヤマハハコの仲間です

花もいいのですが 蕾の美しさと言ったら‥
ほら まるで真珠のようでしょ

P8040069.JPG

興味のある方は サイトのお花図鑑(多年草)をご覧くださいね
http://www.omasa.org/dictionary/pere/pre_a_06.html


ついでながら下の本は サイトの図鑑作りで参考にしたもの
ラベルについた名前と同じものを見つけたときは うれしかったぁ

GARDEN  GUIDES        PERENNIALS
P8050003.JPG

八重咲きオリエンタルリリー
ミスルーシー
P8020023.JPG

テッポウユリ
P8040103.JPG

ザ バガボンド
P8040203.JPG

これはセンニンソウの仲間で
原種のクレマチス サマースノー

小さな まんまるの蕾 かわいいでしょ
間もなく開花です

サマースノー
P8020041.JPG

このマーガレットのような
ジニアのような花は‥

P7270026.JPG

エキナセアでしたー

このタイプは矮性種であまり大きくなりません
これが咲き始めると 「いよいよ夏も後半だなぁ」 と思います

エキナセア プルプレア
ベビースワンホワイト
P8040181.JPG

こちらは剪定の終わったラベンダー

何本か残っている枝は これから咲く枝
不恰好かな とも思いましたが
花が咲いてから切ってもいいかと 残しました

イングリッシュラベンダー
P8040081.JPG

初夏に咲いたゲラニウムの二番花は
ひとまわり小さくて どかか弱々しい感じです

でも 健気
咲いてくれて ありがとね

ゲラニウム ヒマライエンセ
P8040176.JPG

P8020060.JPG

こちらも ひと回り小さくなったジギタリス

P8040047.JPG

ハツネ
P7270005.JPG

来週中頃から週末にかけては 恵庭にも暑さが戻ってくるようです
それでも 最高気温が26℃から28℃の予報なので
我慢できない暑さじゃありません

本州 四国 九州 沖縄の酷暑を思うと
なんだか申しわけないような気持ちになります

まだしばらく厳しい暑さが続きます
皆様 どうぞお身体に気を付けて

今日がステキな1日になりますように




おまけ

P8040110.JPG
なりますように!




2018年8月 3日

勇払原野で


勇払原野で

P8021788.JPG

日中 これほどのエゾシカの群れを見たのは初めてです

P8021822.JPG
オスもメスも 子鹿も親鹿も
みんな鹿の子模様です

P8021711.JPG

P8021762.JPG

夏毛のエゾシカにお目にかかることが少なかったので
なんだか妙な気分

りっぱな角を持った牡鹿は特に 違和感あるなー

P8021617.JPG

真ん中の子鹿は 生まれて間もない子のようです
ほんとうに小さい

成長の早いエゾシカ

生まれたときは6Kg ほどだけれど
生後4ヶ月で50kg にまでなるそうですから びっくりでしょ

P8021697.JPG

えぇと このシルエットは‥

P8021963.JPG

キタキツネさん!

P8021905.JPG

猛禽に 小鳥に エゾシカに キタキツネ

私にとって勇払原野は まるで夢の国
できることなら 毎日だって通いたい

なんなら ここに住みたい

って 冗談ですけどね
 
P8021978.JPG


おまけ

P8030010.JPG
あたしは縞模様です
それから 原野に引っ越すのは絶対にイヤです




2018年8月 1日

ラベンダーの収穫


夏らしい暑さがやってきました

最高気温 30.6℃
久しぶりの真夏日です

午後3時 手元の温度計で 28℃(室温) 湿度は54%

風があるので 凌ぎやすいのですが
この炎天下では とても庭仕事をする気にはなれません

一昨日までは雨の降る日が多かったので
いきなりやって来た夏の太陽にタジタジです

根性 ありません


見頃を迎えていたアナベルが 先日の雨で何本も折れてしまいました

アナベル
P7300044.JPG

セダム
P7300068.JPG

セダム
P7300048.JPG

雨続きですっかり遅れていたラベンダーの剪定
昨日 ようやくすませました

正確に言うと1株残っているのですが
蚊に刺され始めたので やむなく撤退‥

やっぱり 根性ありません

イングリッシュラベンダー(濃紫)
P7260384.JPG

剪定したラベンダーは 50~60本の束にして
風通しのよい場所に吊るしました

総数18束

家中にラベンダーの香りが漂って いい気持です



※※※ ※※※ ※※※



今朝は 6時過ぎから鳥見に出かけました

30分ほどしてお目当ての鳥がやって来ましたが
留まることなく通過‥(涙)

さようなら~

仕方なく 池に浮かんだヤナギの葉を撮ったり

P8011318.JPG

コウライタンポポを撮ったり

P8011303.JPG

カエデを撮ったり アメンボや鯉を撮ったりしながら
しばらく待ちましたが 目当ての鳥はその後一向に現れず

場所を変えての鳥見でも

コウライキジやら ベニマシコやら 魅力的な鳥を見つけるものの
まともに写真を撮らせてくれません

で撮った写真は 風に揺れる雑草と

P8011347.JPG

ガガイモの花

P8011344.JPG

今日はついていませんでした
また次回に期待します



こちらは午後1時過ぎに撮った写真です

今も(午後3:30)気温は同じですが 湿度が50%にまで下がりました
北西の風が吹いているので そこそこ快適です

P8010004.JPG

北国の短い夏
思いっきり 楽しみましょうー




おまけ

P8010083-001.JPG
暑いですぅ




2018年7月30日

暑中見舞い


どうやら雨があがったようです

窓から吹き込む風は湿気を帯びていて
ねっとりと体にまとわりつく感じ

それでも室温26℃だから 文句を言っては罰が当たりますね

札幌あたりでは 連日30℃を越す真夏日だそうで
道内もいよいよ夏本番といったところでしょうか

まだしばらく続く日本の暑い夏
十分な休養と バランスのとれた食事で乗り切りましょうー


P7230011.JPG

先日の大雨で被災された方や
ボランティアで現地で作業している方

厳しい暑さで さぞかしご苦労も多いかと思いますが
くれぐれもお身体を大切になさってください

なにもできませんが 1日も早い復興を心より祈っています




おまけ

P7110077.JPG
アイスや冷たい飲み物の飲み過ぎには 気を付けましょう




2018年7月28日

ナキウサギ


毎年楽しみにしている望岳台のナキウサギ
今年も行ってまいりました

十勝岳の中腹 標高930m にある望岳台

平地と比べ気温が低く 天気が急変することも多いので
雨具や防寒着を用意して行ったのですが

これが信じられないほどの暑さで びっくり

照りつける太陽にジリジリと焼かれながら
ひたすらナキウサギを待ちました

ガレ場に目を凝らすこと1時間

遠くで鳴き声が何度か聞こえるものの
ナキウサギは一向に姿を見せてくれません

暑さに弱いナキウサギ
この環境は どう考えても かわいそうだ

待つこと更に20分 やっぱり現れません

朝の6時から来ていた方は まだ1度もシャッターを切っていないと言うし
今日は出ない日かな

と諦めてかけたそのとき

ピチッ!

P7270461-001.JPG
ついにナキウサギが姿を見せてくれました
毛並みの美しい若い個体です


P7270404.JPG

イソツツジ と コヒオドシ
P7270400.JPG

イワブクロ
P7270447.JPG

シマリス
P7270421.JPG

その後も何度か出て来てくれたナキウサギ
いろいろな表情を見せてくれましたよ



こちらの個体は 換毛中と見えて毛がマダラだから「まだら君」

哲学するまだら君

我思う 故に我あり‥

P7270645.JPG

まだら君の咆哮

ピチッ!ピチッ!ピチッ!

P7270613.JPG

これは また別の個体です

筋肉質に見えるから マッチョ コアラ

P7270559.JPG

マッチョ風で

P7270545.JPG

コアラ顔

P7270549.JPG

いちに! いちに!  筋トレ 筋トレ

P7270480.JPG

最後は再び まだら君

P7270616.JPG

氷河期からの生き残り ナキウサギ

とうに天然記念物に指定されているかと思いきや
これが全くのノーマーク

絶滅危惧種の認定もなく(2012年に準絶滅危惧種)
生息地の環境破壊に歯止めがかかりません

ただでさえ温暖化の影響で生きづらくなっているナキウサギ
守れるうちに守ってやらないと‥

わずかに残ったガレ場の雪が
強い日差しで解けてゆくのを眺めながら
なにもできない自分に もどかしさが込み上げてきました



おまけ

P7270475-001.JPG
K さん また今度一緒にナキウサギを見に行こうね