ホーム >

花咲か日記

2019年2月17日

雪と白いエゾリス


さて 道東旅行もいよいよ終盤

今回は釧路 鶴居村でのタンチョウの様子をご紹介‥

のつもりでしたが
ここで  ちょっと気分転換

今日は 数日前に見た
白いエゾリスの近況報告をしたいと思います


以前紹介したエゾリスのアルビノ 覚えていらっしゃるでしょうか?

あれから どうしているかと気になっていました


‥ で 結果はご覧のとおり

ジャーン!

エゾリス(アルビノ)
P2150378-001.JPG

元気 元気!

寒さなんかへっちゃらです

雪の中に隠しておいた木の実を 美味しそうにかじったり

P2150418.JPG

木の上によじ登ったり 飛び移ったり スルスルと下りて来たり

P2150249.JPG

まぁ 活発なこと

P2150237.JPG

あちらこちら走り回り 餌をとったあとは
木に登り 巣材集め

器用に木の皮を剥ぎ取り 丸めて口に咥えます

P2150751.JPG

忙しい 忙しい

P2150762.JPG

お口にいっぱいの巣材
やわらかそうだから 巣の内側に使うのかな

雪の上に仁王立ち

かわいいです あなたは

P2150726.JPG

巣作りはオスメス共同で 子育てはメスが担当するのだそうです

ちなみにエゾリスの繁殖期は 2~3月と 5~7月の年2回

実際は年に1回だけの繁殖となることが多いそうですが
はてさて このアルビノはいったいどうなんでしょう


まぁ なにはともあれ元気でいてくれて安心しました

春に子リス 見られるといいな




おまけ

P2170010.JPG
これ あたしの巣




2019年2月16日

道東 3日目 後半


遠征3日目 後半は野付半島

走古丹から海岸線沿いの野付国道(R244)を戻り
3度目の半島入りです

吹雪もおさまり 天候は回復基調でした

 
エゾシカ(メス)
P2049799-001.JPG

着いた時間は午後3時

日没までに残された時間はわずかでしたが
これが野付最終日だと思うと カメラを持つ手にも力が入ります

ファインダー越しに見える景色を
惜しむように切り取っていたのだけれど

エゾシカ(オス)
P2049835-001.JPG

午後3時半を過ぎた頃でしょうか

突然天候が急変し

空には不気味な黒い雲が広がり

P2049847.JPG

猛烈な地吹雪がやってきました

キタキツネ
P2049862-001.JPG

異変を感じ取ったエゾシカの群れは

P2049838-001.JPG

一目散に駆け出し

P2049833-001.JPG

私も吹き飛ばされないように 車に寄りかかり 踏ん張りました



地吹雪を避けるように雪原にうずくまっていたオオワシは
意を決したように舞い上がり
やっとのことで海上までやって来ましたが

激しい向かい風に煽られて なかなか先に進めません

オオワシ
P2049910.JPG

ちなみに海の上を飛ぶのがオオワシで
その下を飛んでいるのは カモメの仲間です

白くぼんやりと見えるのがそれ
わかるかなぁ

オオワシ ・ カモメの仲間
P2049952.JPG

写真の出来はいまひとつだけど

今回の旅行で1番楽しかったのは 実は このとき

大自然を体感しているっていうか
自分も自然の一部だって思えるっていうか

どう言えばいいのか自分でもよくわからないんだけど

とにかく楽しかった!


P2049880-001.JPG

大好きな野付をあとにし この日は中標津で一泊

翌日の釧路(鶴居村)に備えました


厳しくも美しい野付半島と そこに生きる逞しい生きもの達
今回も新たな感動がいっぱいでした

ありがとう 別海
ありがとう 野付




おまけ

P1310025.JPG
キツネさん がんばって




2019年2月14日

道東 3日目 前半


いやー 降りました 降りました

昨日まで50cm ほどだった雪が 一気に68cm に

先ほどようやく雪かきが終わりました



さて 今日のブログは遠征3日目

お話は 羅臼から再び別海町に向かうところから始まります


前日の晴天から一転 この日は朝から吹雪の悪天候でした

なにもかもが灰色
モノクロの世界です

港から見えるワシの姿もまばらで 早々に場所を移動することにしました


羅臼港
P2049484-001.JPG
羅臼港
P2049479-001.JPG


目的地は再び別海町(尾岱沼・走古丹・風連湖・野付半島)


下の写真は尾岱沼(おだいとう)漁港です

港は 羅臼港とは対照的に
ほとんどがカチンコチンに凍りついていました

尾岱沼漁港
P2049495.JPG

氷の海に水鳥が見えます
どうやら ウミアイサとホオジロガモのようです

氷に閉じ込められたんでしょうか
弱っているのでしょうか
ホオジロガモはほとんど動きません

身体にはうっすらと雪が積もっています


ゴアー ゴアー ゴアー

ウミアイサが大きな声で鳴きながら
ホオジロガモの周りを 何度も何度も行ったり来たり

ゴアー ゴアー ゴアー

切ない 切ない

P2049529.JPG


雪は降りやみません

薄暗い灰色の道を走古丹に向かって走ります

P2049507-001.JPG

オジロワシ
P2049572.JPG

風連湖は すっかり凍りついていました

遠くに見える2個のゴマ粒は オオワシです

周辺にワシの姿はほとんど見当たらないのは
きっと湖が凍ってしまったせいなんでしょうね

残念‥


P2049634.JPG

そうこうしているうちに 突然動かなくなったカメラ

あれ 電源が入らない


 ウソでしょ?
バッテリーがなくなってる!

蓋が開いてるー!


これにはびっくり
自分の動いたあとを逆戻り

雪の上に落ちた白いバッテリーを 必死に探すことおよそ10分


バッテリーは雪の上に 行儀よく立っていました

P2049630.JPG


風連湖をあとにする頃は 雪の降り方が弱くなり

オオワシ (走古丹)
P2049654.JPG

茨散 (ばらさん/R244沿い)で
オジロワシのつがい見つけたときには 雪はほとんどやんでいました

カッ カッ カッ カッ

オジロワシ(メス)
P2049754.JPG

カッ カッ カッ カッ

鳴き交わすオジロのつがい

いいねー

オジロワシ(オス)
P2049763.JPG


こちらもオジロワシのつがい (R244沿い)

P2049790-001.JPG


尾岱沼 走古丹 風連湖とまわり Uターン
再び野付半島に向かいます


長くなりそうなので 続きは次回に

今日も最後までお付き合いくだり ありがとうございました




おまけ

P1310234-001.JPG
ぺろぺろ






2019年2月11日

道東 2日目


遠征2日目

この日の主な撮影地は羅臼でした

羅臼町は知床半島の東半分にあたる 自然豊かな景勝地で
根室海峡の向こうには国後島が並んで見えます


憧れの羅臼とあって 期待で胸がはち切れそうでしたが
その前にひと仕事


羅臼 海岸線(道道87号線)からの眺め
P2030679.JPG


そう 野付の朝焼けを見逃すわけにはいきません


午前5時30分過ぎ 宿泊地の中標津から一路野付半島へ
凍えるような寒さの中 日の出の瞬間を待ちました

地平線の向こうから 大きな太陽

うー きれいだ

P2030445.JPG

夜が白み 見えてきた 素朴な半島の風景


P2030484.JPG

P2030474.JPG

波けしブロックには 砕ける波が凍りついて
まるでクッキーのアイシング(icing)みたい

P2030549.JPG

広大な雪原には

うずくまる豆粒のキタキツネや
オオワシの前を悠然と横切るエゾシカの群れ

P2030478-002.JPG

野付ならではの風景にドキドキが止まりません

いつまでもここに居たいけれど そうは言っても体はひとつ

名残惜しさを感じながら
午前8時には 野付をあとにしました


羅臼では 真っ青な空がお出迎え

うわぁー!

羅臼漁港
P2030603.JPG
P2030608.JPG

漁港近くにある「おじろばし」の上で 山側をパシャ!

空の青と知床連山の白の対比が
眩しいー

P2030588.JPG

憧れの流氷は湾内になく

思い描いていた流氷とオジロ・オオワシのコラボや
ワシ同士の餌の争奪戦は見られずじまいでしたが

それでもたくさんのワシが 頭上を越えてゆくのを楽しめました

オオワシ
P2038812.JPG

羅臼岳山頂には雲がかかり

P2038882.JPG

その雲を背景にワシが飛んでくれました

オオワシ
P2038899.JPG

オジロワシ
P2039457.JPG

後半は 知床岬方面に向かって海岸線(R87)をゆっくりと移動

海の向こうに見えるのは 国後島です

P2030609.JPG

ローソク岩 と トド岩
P2030631.JPG

天狗岩
P2030705.JPG

熊岩やセセキの滝(滝は雪に埋もれていた)を超え
温泉を通り過ぎ 通行止めになっている所でUターン


その後は仲間達と別れ 再び羅臼漁港でワシを狙いました

北国の冬の日没は早くて 午後3時を過ぎるともうこんな具合です

帰港するスケソウダラ(スケトウダラ)漁の漁船
P2039374.JPG

おこぼれを狙うオジロワシ(幼鳥)
P2039309.JPG

雑魚をゲットしたオジロワシ(成鳥)
P2039405.JPG

早朝から夕方まで外に出ずっぱり
この日は宿で死んだように眠りこけました

翌日は吹雪の予報
早々に羅臼を引き上げ 再び野付半島に向かう予定です




おまけ

P1280053-001.JPG
ワシって あたしより強い?




2019年2月 9日

氷の国のシャボン玉


今 (午前5時) の気温は-21.6℃

町全体が冷凍庫に
いえ それよりもっと冷え込んでしまいました

まるで氷の国です

今日は旅行記をひと休み
リアルタイムでこの寒さをお伝えしますね


下の写真 なんの写真だか おわかりになりますか?

P2081660.JPG

実はこれ シャボン玉なんです

上の写真は シャボン玉が壊れたところ
割れるというより まさに「壊れた」という感じでしょ

消えないで残骸が残っていますから


こちらは壊れる前

よく見ると シャボン玉に窓霜のような
氷結晶模様ができているのが見えますよね

え? ポンコツ写真で わからない?

ごもっともです


P2081646.JPG

写真は昨日の昼間 自宅の玄関先で撮りました

このときの気温は-12℃

強風でシャボン玉が遠くに飛ばされ
思うような所に落ちてくれません

吹いて 吹いて 吹いて ようやく掴んだチャンス

すかさずカメラを取り連写しましたが
思うような写真が撮れませんでした

いつか きれいなシャボン玉の写真が撮れたら
またアップしたいと思っています

私 がんばれー!



厳しい寒さが続きます
今日は関東でも雪が積もるとか

事故や風邪には くれぐれもご注意くださいね

今日が皆様にとって 素晴らしい1日となりますように



追記

今朝シャボン玉の写真を撮ってみたら まずまずでした

写真をクリックしてみてね カチッ!


P2091828.JPG

P2091761.JPG
P2091826.JPG




おまけ

P1310040.JPG
風邪 ひかないでね




2019年2月 8日

道東 初日


遠征初日の目的地は 野付半島(別海町)でした


夕日とエゾシカの群れ
P2020334.JPG

午前5時30分 恵庭 出発

薄暗い道を東千歳インターに向かいます

当日の天気予報は 「晴れ」

道東道を 東千歳から阿寒インターチェンジまで
一気に走リ抜けるつもりでいました

ところが夕張に近づくにつれ雪が激しくなり
夕張・占冠間は吹雪のため通行止め

マジかぁ‥

視界不良の中 一般道を走ることに

文句も言わず運転してくれた写真仲間に感謝です



途中 万が一に備え コンビニで飲み物と食料を調達し
降りしきる雪の中を占冠に向かいました


P2020006.JPG


辺りが明るくなり 雪の降り方が弱くなりかけた頃
今度は いきなり前の車が停車

ん? なんだろう この渋滞

5分待っても 10分待っても 車は一向に動く気配がありません


P2020029.JPG

15分ほどして ようやく片車線だけが動き始め
なんとか渋滞を抜け出すことができました


途中 上り坂で大型車がチェーンを装着しているのが見えました

そういうことだったんですね

坂道で大型車が動けなくなってしまった

冬の北海道 ゆるくないです



帯広で一旦高速を降り 2時間ほど寄り道

音更帯広から阿寒までの運転は おまさ担当です



野付に着いたのは 午後3時をまわった頃でした


エゾシカ(オス)
P2020046.JPG

野付半島の日没時間は 午後4時30分

あっという間に日が傾き
空も雪原も道も なにもかもが ほんのりと赤く染まります

うぅ 寒い !

雪がアスファルトの上を 這うように飛んでゆきます 

ネックウォーマーを目の下まで上げ
踏ん張ってシャッターを切りました


P2020169.JPG

雪原にいたエゾシカの群れが走り出します

いいぞ いいぞ その調子

そのまま太陽の前を横切っておくれ


P2020288.JPG

走れ! 走れ! 走れ!

P2020341.JPG

シャッターを切りながら ジーン

遠征してきた甲斐がありました

やっぱり野付はすごいです



翌日(2日目)は 野付半島で日の出を見てから 羅臼

3日目は羅臼を早めに引き上げて 再び野付へ

4日目は釧路(鶴居村)に向かいました

続きは のちほど




おまけ

P1310156.JPG
あたしも ちょっと染まってみました





2019年2月 7日

道東へ


5日ほど道東に遠征していました

昨日の夕方戻り 雑用を片づけ
今日になってようやく写真をPCに取り込むことができました

撮った写真は およそ4000枚

よくもまぁ こんな枚数になるものだと
自分でも呆れてしまいますけど

きっとこれも道東の魅力のせいなのでしょうね


野付半島 尾岱沼 走古丹 羅臼 釧路(鶴居村) 帯広‥

整理ができ次第 順次更新していくつもりですが
もう少し時間がかかるかな

気長にお待ちくださいね


野付 日の出
P2038689.JPG

エゾシカ
P2038735.JPG

豊かな自然に恵まれた 美しい北海道

本物には遠く及びませんが 私なりにご紹介できればと思っていまーす




おまけ

P1310104.JPG
あたし 留守番がんばりました




2019年1月30日

冬鳥


すみません
ガーデニングブログなのに また鳥のお話です

興味のない方はスルーしてくださいね


さて 「渡り鳥」というと ハクチョウやマガンなどの
大きな鳥を想像する方も多いのではないかと思います

でも 実は小鳥も りっぱな渡り鳥

春と秋 餌の確保や繁殖のため 小さな体で長距離を移動します

北海道に冬に渡ってくる鳥(冬鳥)の多くはシベリアからやって来るのですが
ここ数年 めっきり数が減りました

(と言っても あくまでもこれは個人的な感想ですので
そのへんはご了承くださいね)

今年は特に数が少なく マヒワ や アトリ
ウソ ヒレンジャク キレンジャク ベニヒワ
さっぱりです

これだけ冬鳥の数が少ないと
繁殖地になにか起きているのではないかと心配になってきます


撮影は留鳥頼み

ふわふわモコモコのシマエナガや
カラ類 キツツキ類にお世話になっております

シマエナガ
P1298443.JPG

シマエナガ
P1298326-001.JPG





こちらは漂鳥(ひょうちょう)の ミヤマカケス

夏は涼しい山で子育てをし 冬になると平地におりてきます

ミヤマカケス
P1298159.JPG

下の鳥は 冬鳥のツグミ

1月中旬を過ぎて ようやく姿を見せ始めましたが
それでも例年と比べると 数は格段に少なく感じます

ツグミ
P1268121.JPG


ただ 大型の冬鳥は 例年通り
いや それ以上かな

この日千歳川近くで見たオジロワシ・オオワシの数は
確認できただけでも10羽はいました

オオワシ(成鳥)
P1267931.JPG

鳥見の帰り道に出会った夕焼け

あんなにきれいだったのに 写真に撮ると あれっ?

P1290106.JPG

ごめんなさい
ほんとうは 素晴らしい景色だったんです

P1290161.JPG




※※※ ※※※ ※※※



1月もあとわずか

白線(区画線)が見えなくなった道路が増え
交差点に積み上げられた雪山が大きくなってきました


車道や駐車場のあちこちには 固い雪の塊

ビッグホーンに乗っていたときは ちっとも気にならなかったけれど
今はボディーの下を擦りそうでハラハラです

このくらいなら大丈夫と通り過ぎたら
ゴリン!

冬の前に塗装し直したばかりなのに
ガックリです

P1288137.JPG

滑りやすい 見通しが悪い冬道
お互い事故のないよう 気を引き締めてまいりましょうー




おまけ

P1280053.JPG
みんな 気をつけてね




2019年1月24日

キノコちゃん


雪だるまの帽子にこんもりと積もった雪

まるでキノコみたい

ほっこり~


昨日は恵庭にも まとまった雪が降りました


AM  7:06
P1240036.JPG


夜のうちに除雪車が入ってくれたみたいです

デコボコの道が平らに‥
ありがたい



日の出前の西の空 電信柱の向こうには明るい月

月明かりで 車庫前と玄関の雪を片づけます


AM  6:30
P1247807-001.JPG
雪かきを終えて

望遠レンズに持ち替えて 手持ちでパシャ!

きれいなお月さま


AM  7:00
P1240018.JPG

やがて太陽が顔を出し 屋根の雪を照らし始めます

AM  7:13
P1240048.JPG

平凡で幸せな1日の始まり

熱々のコーヒーを淹れたあと

湯たんぽの古いお湯を捨てて 沸きたてのお湯をそそぎます

トポトポトポ
固く蓋を閉めて カバーに入れて
さわらのベッドのそばに滑り込ませます

ほら あったかいよ


P1230001.JPG

さわらのベッドは 私のベッドの上に置いてあります

ちょっと窮屈だけれど
いや ずいぶん窮屈だけど

やっぱり我慢

だってここ さわら一番のお気に入りの場所だものね




おまけ

P1230003.JPG
すやすや





 

2019年1月23日

プチ遠征 夕張へ


昨日 1年ぶりに夕張へプチ遠征


夕張
P1227768.JPG

家を出たときは抜けるような青空だったのに

栗山辺りから雪が降り始め
夕張に近づく頃には 吹雪

うぉー

P1220054.JPG


雪に霞む単行車両は

今年 廃止が決まっている 石勝線夕張支線の列車です


P1220076.JPG

夕張駅そばの夕張屋台村に 1枚のポスターを見つけました


126年の歴史に幕
夕張の鉄路をありがとう

Mar. 31. 2019 ラストラン


この列車が動くのも あと2ヶ月とちょっとなんですね


P1220091.JPG



雪深い町 夕張

そんな夕張でも 今季の雪の多さは特別だとか


夕張本町キネマ街道
P1220111.JPG

屋根に降り積もった雪の量に 圧倒されます


P1227771.JPG

廃墟の目立つ町に 黒い猫が1匹

P1220220.JPG

こっちには 黒と白のブチ

P1220190.JPG

雪の降りしきる中 次々に現れる 夕張の猫

ホント たくましい‥

P1220453-001.JPG

P1220407.JPG



恵庭もこれから大雪になるかもしれないとのこと

湿った重い雪らしいけど
みんな がんばろうー!

無理のない程度にだけど




2019年1月21日

大荒れの予感


雪が降ってきました

屋根に降り積もった雪が強風で吹き飛ばされ
視界が悪くなっています


P1210005.JPG

早朝(午前5時頃 ) 辺りは静かそのものでした

西の空には 丸い大きなお月さま


2cm ほど積もった雪をのんびりと片づけ
家に戻ってコーヒーを飲んでいたら


P1217505.JPG

突然大きな物音がしてびっくり

慌てて外に出ると 雪かきの道具が倒れていました

ウソでしょ すごい風‥
ついさっきまで なんでもなかったのに

玄関に除雪用のスコップとほうきを運び入れ
リビングの窓から外を眺めたら

あれまぁ 雪だるまの帽子も吹き飛んでいます


P1210002.JPG

風は少しおさまってきたようですが
雪の降り方が一段と激しくなってきました

上も下も前も後ろも横も どこもかもが真っ白
今日は外出を控えた方がよさそうです

皆様も どうぞお気をつけて




おまけ

P1210017.JPG
センター試験と重ならなくてよかったです






2019年1月19日

カチン コチン


カチン コチン カチン

寒い日が続いています


樹氷
P1146957.JPG

オオハクチョウ
P1106575.JPG

オオハクチョウ
P1106543.JPG

けあらし
P1146875-001.JPG

樹氷
P1147024.JPG

マガモ
P1146989.JPG


ぬくぬくと暖かそうに見えるのは
傾き始めた太陽のせいで

ハイイロチュウヒ(メス)
P1167475.JPG

吹き抜ける海風の冷たさは ヒリヒリと痛く
長く外に留まっていられません

冬の鳥見は寒さとの戦い

うぅ 手が‥

P1167499.JPG

太っているくせに めっぽう寒さに弱い私

それでも こうして外に出たくなるんだから

北海道は やっぱりすごい




おまけ

P1140026.JPG
握手 ♪