ホーム >

花咲か日記

2017年8月21日

銀河庭園 Ⅲ

尻切れトンボになっていた銀河庭園の紹介
遅くなりましたが続けますね

ちなみに写真は全て 今年の7月上旬に撮ったものです

こちらでは この頃がバラの最盛期なんだけど
今年はどういうわけか暑くて暑くて‥

連日30℃を越す猛暑続きで
バラには厳しい環境でした

それでも銀河庭園のバラ 見事でしたよ

ローズガーデン
P7035140.JPG

大きなパーゴラの下は日陰になって
吹き抜ける風 気持よかったなぁ

P7030346.JPG

さりげなく飾られたハンギングバスケット

たっぷりの緑の中
オレンジ色の球根ベゴニアが鮮やかでした

P7030356.JPG

トレリスガーデン
P7035115.JPG

ジューンベリーの後ろに 白くぼんやり見えているのは
小さな池に架かった小さな橋

池の名前は ひょうたん池ですって

写真には写っていませんが
3匹のクマさん 今も健在です

P7035169.JPG

石段を登った先には

P7035176.JPG

お洒落なポタジェがあります

果樹や野菜 ハーブ 一年草が
きちんと区分されたスペースに これまたスッキリと植えられていて
まあ 気持のいいこと

ポタジェ
P7035187.JPG

清々しい~

P7035183.JPG

サルベージガーデン
P7035211.JPG

撮りためた写真はまだたくさんあるのですが
とりあえず今回で 初夏の銀河庭園紹介はおしまいです

寄り道をしながらの拙い記事に
最後までお付き合いいただいて
ありがとうございました

P7035220.JPG


窓を開けて寝ていたのが悪かったのか
またまた風邪を引いてしまいました

残り少ない夏
皆様も 体調を崩さないよう 気を付けてくださいね

では 今日もよい1日を




2017年8月19日

オスプレイがやって来た

パタパタパタ パタパタパタ

ヘリコプターのプロペラ音がひっきりなしに聞こえてきます

ブラインドを開け 外を確認すると

取材用のヘリコプターが
1機 2機 3機

急に にぎやかになってきたな‥



昨日 オスプレイが恵庭にやって来ました

P8187759-001.JPG

どんよりとした曇り空

突如 現れたオスプレイは
木々の間に見え隠れしながらの低空飛行

P8187582-001.JPG

上空を飛ぶ取材用ヘリは全部で6機
対するオスプレイは1機

2機飛んで来る予定が
1機に不具合が見つかり 1機だけの飛来となったようです


HBC
P8187538.JPG

ANH(NHK)
P8187607.JPG

STV
P8187555.JPG

住宅地の上を滑るように飛んでゆくオスプレイ

P8187554-001.JPG

それにしても 低い

P8187744-001.JPG

よもや落ちるなどということはあるまい と思いつつも
万が一ということがないとも言い切れない と
ふと不安がよぎります

沖縄の人は いつもこうなんだろうな‥

P8187765-001.JPG

P8187749-001.JPG


ひんやりとした風が窓から入ってきます

今朝の最低気温は16.2℃
夜は窓を閉めることが多くなってきました


P8187811.JPG

夏の終わりが近づいています



おまけ

今日 カメラをぶら下げて近所の公園を歩いていたら
すぐそばをオスプレイが通過

とりあえず パシャ! パシャ!

近くで見ると やっぱり大きいですね

P8197815-001.JPG

で こっちは海上保安庁の航空機 JA724A

P8197855.JPG
しばらく にぎやかな空が続きそうです







2017年8月16日

ころころころ

真っ直ぐに伸びるハスの茎

細長い茎は ストロー状になっているそうです

大きな花や果托は さぞかし重かろうと思うのだけれど
傾いたり 倒れたりしているものはありません

空洞というのは
存外丈夫なのかもしれませんね


P8150224.JPG

蓮の葉には撥水性があり たまった水が
玉になってころころと遊びます

大きなものから小さなものまで
ころころ ころころ

P8150151.JPG

道内では お盆の頃に咲くことが多い蓮ですが
ここ(鶴の湯温泉 / 安平町)の蓮は ほとんどがまだ蕾でした

早霜で傷まなけれはいいんですけどね

P8150210-001.JPG

池に映り込んだ 夏の空と雲

そろそろ終わる 北海道の夏休み
ちびっこ達の宿題は片付いたかしら

P8150009.JPG

こちらは 後ろ向きの赤とんぼ

これでは識別ができませんね

‥‥って 偉そうに言ってみましたが

白状すると
前を向いていても 横を向いていても
よく分らないんです

未成熟のアキアカネとナツアカネの識別
私には難し過ぎます

P8150052.JPG

ホバリングをしていたトンボは
ルリボシヤンマのメス

P8150018.JPG

P8150203.JPG

わぁ~ 蕾の向こうに

タンチョウ見つけ !

P8150262.JPG

こめんなさい

これ つくりものです



ころころ ころころ

P8150165.JPG

東日本には晴れ間を

西日本には涼しさを

ころころ ころころ

お願いいたします




2017年8月12日

落下傘と月見草

父は呉市(広島県)で育ちました

広島に原爆が落とされたとき
その爆音を直に聞き 閃光を見たそうです


先日 小さな映画館で
「この世界の片隅に」という映画を観ました

舞台は 第二次世界大戦の頃の呉市

ごく普通に嫁ぎ ごく普通に暮らしていた若い女性の日常を
静かに 丁寧に描写した 心揺さぶられる作品でした


オオマツヨイグサ(月見草)
P8107183-001.JPG

呉市が激しい空爆に何度も遭ったことを
私は映画を観るまで知りませんでした


父に戦時中のことを何度か尋ねたことがありましたが
いつも多くを語ってはくれませんでした


ノラニンジン
P8107184.JPG

父がよく話してくれたのは近所の山のこと

子供の足で ずいぶん歩いたのだと
懐かしそうに話していました


映画に 灰ヶ峰という名前が出てきて
ハッとしました

すっかり忘れていたけれど
父の山 そういう名前だったかもしれない


P8107186.JPG



※※※ ※※※ ※※※




しゃがみ込んで 草の写真を撮ります

月見草 に ノラニンジン ツユクサ


ムラサキツメクサに似たこの花は
シャジクソウというそうです


シャジクソウ
P8107189.JPG

シャジクソウ
P8107206.JPG


吹く風の気持ちいいこと

トンボが飛んで 蝶が舞って

なんて穏やかで美しい風景 ‥


ルリボシヤンマ
P8107282-002.JPG

ツユクサ
P8107302.JPG

キアゲハとインパチェンス
P8107117.JPG

アキアカネ
P8107314-001.JPG


トンボの飛ぶ空の向こうに 落下傘が見えました

一つ 二つ 三つ

P8107226.JPG

ドーン ドーン

遠くから 鈍い砲撃音が聞こえてきます


訓練が訓練で終わりますように

誰も傷つくことがありませんように
誰も傷つけることがありませんように





2017年8月 8日

10年

夫が他界して10年が過ぎました

子供達は 妻になり 夫になり 母になり 父になり

そうして私は おばあちゃんになりました


P8070017.JPG


ヒゲ君 今日はさわらを連れてきたよ

ほら さわら
ご挨拶して

P8070002.JPG

強い風が吹いて 花がくるりと向きを変えます

こっちが正面
これでよし

P8070033.JPG

さわら ここにおいで
日陰があるよ

P8070006.JPG

お墓の裏の花壇には
満開のロシアンセージと宿根フロックス

お墓の小さな植栽スペースには
色づいたゲラニウムと咲き終わったラベンダー


あぁ いい匂いがするね

P8070027-001.JPG


どこに行くの さわら

あぁ ダメダメ
そっちに行っちゃダメだよ


ヒゲ君 今日はなんだかバタバタだ

でも こっちの方が私らしいかな
私ったら いつも こんな具合だったものね


P8070043-001.JPG

真っ青な空に白い雲
遠くで鳴いている鳥は 誰だろう


そろそろ家に戻るかな

じゃあ またね
ヒゲ君
 



2017年8月 6日

銀河庭園 Ⅱ

前回に引き続き
銀河庭園(7月上旬)の様子を紹介しますね

まずは小さなバラの村から

P7030335.JPG

白いガゼボの中に置かれた 白いテーブルとイス

写真には写っていませんが
ガゼボの手前にには アイスバーグらしきバラと白のジギタリス
オルレア ダスティーミラー ラムズイヤー イソトマが植えられていました

ちなみにガゼボに誘引されていたのは ソフトピンクのツルバラ

白を基調に上品にまとめてあるといった印象のコーナーでした

P7030330.JPG

こちらは ドーンとアルケミラモリス
これだけまとめて植えるとインパクトがありますよね

そして りっぱな壺
これもいいですよねー

銀河庭園に来るたび ガーデンファニチャーが欲しくなるんです

P7035080.JPG

P7035103.JPG

ちなみに このバラ畑のバラは
すべて食用に使っているのだそうで(エディブルフラワー)

消毒なしで育て 収穫は香りと色のいい午前中というこだわりよう

P7030321.JPG

そうしてできた ローズシロップがこちら
( ウイリアム シェークスピア2000 & テス オブ ザ ダーバーヴィルズ )

器もお洒落ですね

P7030319.JPG


で ここからは再び バニー・ギネスさんがデザインした
テーマガーデン

では ボートレースガーデンから

この庭は2004年のチェルシーショーで銀賞を受賞した作品を
モチーフにしたものだそうです


植栽は落ち着いた雰囲気で 緑と青と白を中心したもの

ボート小屋は直線的だけれど 池は川をイメージしたような細長い曲線で
動きが合って立体的

さすがだな~って思います

P7035147.JPG

色とりどりのホスタ 好きです

P7030352.JPG

やわらかな曲線

P7035159.JPG

アリウムの使い方 いいですよね

P7030355.JPG

壁沿いに植えられたホスタとゲラニウム
カーブを描くベンチ

一部でも 庭に取り入れたいって気持ちになっちゃいます


P7035160.JPG

真っ青な大鉢に入った
ダスティーミラーとアリウムの寄せ植え

こうしてみると 鉢って大事ですよね

P7035163.JPG

広い広い銀河庭園

撮りためた写真を紹介するには もう少し時間がかかりそうです

次回は銀河庭園を離れて別の記事になりますが
そのうち続きをアップしますね

では 今回はこの辺で






2017年8月 5日

銀河庭園 Ⅰ


ただ今の室温21℃ 湿度65%

庭仕事にはもってこいの環境ですが
情けないことに この涼しさに体調をくずしてしまいました

今日は少しいいので
ベッドから抜け出してPCに向かっています

ブログを更新し終わったら 久しぶりにお化粧でもしてみようかな‥


ごめんなさい
前置きが長くなってしまいました


今日紹介するのは ひと月ほど前に撮った銀河庭園の様子です
たくさん写真を撮ったので 何度かに分けてアップしますね


小さなバラの村
P7030344-001.JPG

まずは庭園の入口近くに建つ
チェルシーツリーハウス

バニー・ギネス女史がチェルシーフラワーショー(1995年)で受賞した
「writer's  garden 」を恵庭に合わせて再現したものだそうです
(園内ガイド参照)

小説家の庭をイメージしたというだけあって
とても落ち着いた雰囲気のガーデンです

中にはシックな椅子と机 タイプライターや本などが置かれています

P7035032.JPG

こちらは 道沿いにつくられた美しいボーダー花壇

青や白のデルフィニウム 紫の宿根サルビア
黄色い小花はキンポウゲの仲間かな

P7035043.JPG

デルフィニウムには 1本1本支柱が立ててあり 驚きました

美しい庭園がキープできるのも
こうしたスタッフさんの努力のおかげなんですね

デルフィニウム
P7030302.JPG


続いては小さなバラの村

テーマガーデンとは違いますが
銀河庭園内にある オマサお気に入りの庭です

前回訪ねた時はほとんど咲いていなかったバラが
きれいに開花していました


シンメトリーに配置された
キャットミントとピンク色のバラの取り合わせ
小道の明るい色合いと シックな塀や門の対比

ステキでしょ

小道を歩くといい香りがして もう最高でしたよ

P7030339.JPG

彫像の手にバラの花 発見 ♪

ちょっとしおれかけてはいたけれど
こういうの好きです

P7030338.JPG

摘み取った花の一部は 水に浮かべて

お洒落だな

P7030308.JPG

パーゴラのつるバラは コンスタン スプレイ

奥に続く小道は曲線を描いて
その先はどうなっているのかと気になっちゃう

真似したい技ですよね

P7035086.JPG

お洒落なドアの向こうには
淡い花色の華奢なバラと白い椅子

洗練されていますねー

P7030306.JPG


これ以上写真をアップすると また重くなっちゃいそうですから
今回はこの辺で

続きはまた次回にお届けしますね


では皆様 今日もよい1日を




2017年8月 2日

夏の庭仕事

先日の雨で 何本かアナベルが折れてしまいました
大きな花だから 仕方ないですよね

春は時間を忘れて庭仕事に打ち込めましたが
蒸し暑いこの時期は庭に出るのも億劫です

少し動いただけで 汗が吹き出し
モチベーションはダダ下がり

追い打ちをかけるように蚊やブユも出始め
いよいよ 庭仕事が辛くなるばかりです

そうは言っても 傷みはじめた植物の手入れや
伸び過ぎたシュートは待ってくれません

咲き終わった花も 放置しておけません
こぼれ種が心配ですからね

P7310040.JPG

体中に防虫スプレーを吹き付け
庭に出ます


いや~ また草が生えてる

まずは草抜きをして

伸び過ぎたアサギリソウを切り戻して

アナベルを束ねて

ユリに支柱を立てて‥


テッポウユリ

P8020036.JPG

八重咲きオリエンタルリリー

ミスルーシー
P8020037.JPG

アルケミラの花もカットしておかなきゃ

枯れたゲラニウムの下葉もきれいにして‥っと


あっ! アナファリスに蕾ができてる  ♪

そう この時期にも
ちゃんとご褒美は待っています


P8020057.JPG

例えば セリンセや 

P7310037.JPG

遅咲きのクレマチス

バガボンド
P8020001.JPG

ホスタ
P8020007.JPG

クレマチス ジャックマニー
P7310053.JPG

セダム オータムジョイ
P8020040.JPG

ヘメロカリス(デイリリー)
P7310039.JPG

だから めげずにがんばりましょう

もちろん無理は禁物ですよ
出たくないときは ゆっくり休んで英気を養い

パワーがたまったら 自分のペースで庭仕事
きっとビールが美味しいですよ

って 私 飲めませんけどね



おまけ

アケビノコノハ
P7310022.JPG
今年もメギにいました

いや~ん






2017年7月30日

歌棄(うたすつ)観光

前回の夕焼けから
時間を少し巻き戻します

ただ今の時刻 午後1時30分
場所は寿都の海岸

待てど暮らせどやって来ぬアオバトと
容赦なく照りつける夏の太陽に負け

一旦 鳥見を中断し
涼しくなるまで 車で近場をまわることにしました



歌棄(うたすつ)の海岸沿い(R229)を走っていて
小さな鳥居と社を発見

P7260157.JPG

お社の向こうは日本海です

P7260173-002.JPG

引きで撮ってみると こんな感じ

風光明媚でしょ

P7260145.JPG

鳥居のすぐそばにあった石碑(追分記念碑)には

忍路(おしょろ)高島 およびもないが
せめて歌棄(うたすつ) 磯谷まで

の文字が刻まれていました

江差追分の一節です

P7260162-001.JPG

ちなみに 忍路(おしょろ) と 高島は 小樽市にある町の名前
歌棄(うたすつ) と 磯谷は 寿都郡にある町の名前です


昔 鰊漁が盛んだった開拓初期の頃
積丹半島神威岬から 女人は渡航することことができませんでした

 記念碑に刻まれた一節は
そうした女性が 北に出漁した男への思慕を歌ったものだといわれています



少し角度を変えて写真を撮ってみました

海岸線の向こうに風力発電群が見えます

P7260166.JPG

近で見ると かなりの迫力でしたよ

P7260123.JPG

さて こちらは寿都鰊御殿

通りを挟んで
さきほど紹介した神社の反対側にあります


寿都鰊御殿
P7260141.JPG

鰊御殿の前はニセコバスの停留所になっていました

2~3時間に1本くらいだけど
今もちゃんと走っているようです

P7260183.JPG

鰊御殿から700m ほどの所に
カクジュウ佐藤家 という趣のある建物も見つけました

明治初期に建てた漁場建築の代表的な建築物だそうです


今も人が住んでいるとのことなので
こちらは遠くから 失礼してパシャ

カクジュウ佐藤家 
P7260185.JPG

煉瓦造りの美しい建物があったので
こちらもついでにパシャリ

何だろう
倉庫?

P7260193.JPG

暑さ凌ぎに思いついた なんちゃって観光だったけど
どうしてどうして 見どころはいっぱい

結局 アオバトのいる海岸に戻ったのは
午後4時を過ぎた頃でした


羊蹄山から始まり アオバト ハヤブサ 歌棄 夕焼け 星空と
盛りだくさんの日帰り遠征

忘れられない思い出が またひとつ増えました




2017年7月29日

夕焼け

久しぶりに 絵に描いたような 美しい夕焼けに出会いました

水平線には雲がなく

海の中へと沈んでゆく太陽が
最後まで くっきりと見えました

P7260333.JPG



※※※ ※※※ ※※※



昼間 あれほど暑かった海岸は
陽が傾くと同時に一気に冷え

緩やかに吹く風の なんと心地いいこと

P7260199.JPG

沈みかけた太陽が

のっぺりとした海面や

P7260239.JPG

漂う雲を照らし

P7260309.JPG

辺りはゆっくりと 茜色に染まってゆきます

P7260346.JPG

やがて太陽はすっかり海の中へ姿を隠し

P7260354.JPG

今にもとけて無くなりそうな三日月が
薄っすらと空に浮かんでいることに気付きました

P7267078.JPG

帰り道
大滝で見た満天の星は

昔 音羽橋で見たあの夜空に負けず劣らずの
圧倒的な美しさでした


あっ 流れ星!

最後はボッて燃え尽きるみたいに消えていった流れ星

ずいぶん大きかったけど
とても願い事をする暇はなかったな

もしも たっぷりと時間があったら
何をお願いすればよかっただろう


真っ赤な夕焼け空と 満天の星

たくさんの贈り物を貰った1日でした





2017年7月28日

ご挨拶

暑中お見舞い申しあげます


夏本番を迎えています
皆様お変わりなくお過ごしでしょうか

一時に比べると いくぶん暑さが和らいできた北海道ですが
それでも日中は汗がダラダラ‥

まだまだ油断はできません

暑い暑い道外の皆様も
ちょっぴり涼しくなった道内の皆様も

どうぞ お身体を大切にお過ごしくださいね

P7240183.JPG

先日 猛暑の中 寿都へ行ってきました

P7266627.JPG

目的は アオバト

裏山から 何度となく出て来てくれましたが
なかなか岩礁には降りてくれません

P7266851.JPG

お昼を過ぎてからは それもパタリと途絶え
ただただ 暑さとの対峙が続き

そそり立つ堤防の下で ひたすら忍耐のアオバト待ち

ジリジリジリ

P7260217.JPG

ふと見ると 隣(10 m ほど離れた場所)のワンちゃんの頭には
ご主人様の帽子が‥

やさしい飼い主さんでよかったね

よしよし

いい子だ いい子だ

P7266538.JPG

こちらは日傘バージョン

P7266553.JPG

「やさしさ 」 っていいですよね

ほっこり ♪



おまけ

P7280013.JPG
あたしも ちょっとだけ被ってみました




2017年7月25日

アルテピアッツア美唄


久しぶりに 安田侃の彫刻美術館(美唄市)を訪ねてきました

美術館といっても
展示場所は 改修された旧栄小学校の体育館と校舎の2 階
それに 校庭や裏山です


温もりのある木造の建物や のどかな自然
その全てが作品の一部になっているような アルテピアッツァ美唄

今回も感動の嵐でしたー



こちらは校舎2階のギャラリーの様子です

映り込む窓枠の影
これもきっと 作品の一部なんでしょうね

P7246075.JPG

古い木造の校舎は
手入れが行き届いていて とてもきれいでしたよ

窓から吹き込む涼しい風の 気持ちいいこと

P7246060-001.JPG


作品のほとんどは大理石です

P7246123.JPG

窓の外は 緑 緑 そして緑

P7246069.JPG

P7246088.JPG

2階のギャラリーへは 螺旋階段を使って行き来します

まっ これくらの高さなら私でも大丈夫

P7246021.JPG

こちらは 体育館から眺めた校舎の様子です

校舎の前に白く見えているのは 水の広場
底に白い大理石が敷き詰められています

普段は水遊びができるのですが
残念ながらこの日は清掃日でした

大理石を美しく保つため 月に2度(2日間ずつ)清掃をしているのだそうです
すごいですね

P7246252.JPG

広場の周りを 蝶々がひらひら

P7240070.JPG

野外に置かれた作品は

P7246204.JPG

見る位置や

P7246201.JPG

季節によって様変わり

紅葉の時期 きっと きれいでしょうね

P7240097.JPG


おぉ こんな所にも

P7240138.JPG

こちらは カフェ アルテ

P7240118.JPG

2007年春にオープンされたそうだけど

建物は校舎と同じ古い木材

テーブルは大理石

椅子も窓もライトも暖炉も 何もかもが完璧な作りで
いやはや 恐れ入りました

P7246170-001.JPG

P7246172.JPG

P7240108.JPG


最後は 体育館の螺旋階段
なにもかもが ホントお洒落なんですよねー

P7246238.JPG


北海道の小学校でも明日から夏休みとか

ちびっこのお世話で大変になるお母さんも
そうでないお母さんも
それからお父さんも
ちびっこも

暑さに負けないで 思いっきり夏を楽しめますように